プロフィール

Author:terra
SF好き。アウトドア好き。
ロードバイク物欲派。
レイ・カーツワイルの未来予測を支持するシンギュラリティ信者(笑)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽すぎ!安すぎ!ブルベ・ロングライド用ライトのおすすめマウント

※この記事は2013年にLEDライトの紹介記事の一部として書いたものですが、長文過ぎたため、独立させました

自転車用ライトのマウント、超おすすめ品



LEDライトなどを自転車に固定する「マウント」。みなさんはどんなものをお使いですか?
さまざまな商品が出ていますが、ハンドル径に合わなかったり、重量がありすぎたり、なかなかこれはというものがありませんでした。

以前、香港の通販サイト「dx.com」でも、一気に7、8個のマウントを買い込み、試したこともあります。

私のマウント選びの基準は、おもに以下の3点です。

1. きちんと固定できること
 →あたりまえですね。でも、この基本すら満たさない製品も多いのです(伝説のダメ製品・ミノウラのスペースグリップなどw)。
また、ハンドル径が合わず、装着自体できないものも多数あります。

2. 簡単に脱着できること
 →優先順位2番。ライトの脱着だけでなくマウントそのものも容易に脱着できるとベターです。というのも、輪行時に袋と干渉することがあるためです。

3. 軽いこと
 →優先順位は3番。なぜかホイールやフレームの軽量化にはコストをいとわないのに、無頓着に重たいマウントを使う人が多くて驚きます。

…それらを満たす文句なしのベストが、なんと! あまたあるなかでも確実に最安価なこの商品でした。

Universal Nylon Mount for Flashlights and Lasers

 2015/6/17現在 US$2.14
sku_12000_2.jpg

一見すると、日本で入手しやすいUNICO(ユニコ)の「バイクガイ」ライトホルダーにそっくりですよね?

でも、まったくの別物です。バイクガイの構造はハンドルとライト、2軸が直交するのに対し、こちらは両軸とも平行。狩猟やサバイバルゲームなどで、銃身にLEDライトを固定するのが本来の用途かも。日本で売っていないのもむべなるかな、といったところでしょうか。

ライトのマウントは「下ハンドルの下」がベスト!


これをドロップハンドルの下辺に固定すると、スペースの有効活用として最適なのです。バーテープ外周にマジックテープを巻いて固定するため、不整地走行でもほどよくクッションが利き、脱落の心配はありません。また、光軸が著しくぶれるといった不具合もありません。

重さは1個あたり、実測わずか18g!! そして単なるゴムブロックであるため、構造上のトラブルなど皆無です。

ところで、私はブルベなどのロングライド系イベントにおいて、オルトリーブ(Oltrieb)のフロントバッグLを愛用しています。

ライトをハンドル上部に固定した場合、バッグのフタ部分でライトの光が遮られてしまいます。また、ロングライドではサイクルコンピュータなど、ハンドル上部に着ける装備がたくさんあります。女性ライダーなど小柄な方だと、ハンドル幅はかなり狭くなります。取り付け用の「空き地」があまりないのですよね。そうした場合にも、ハンドルの下にライトをぶら下げるのは、スペースの有効活用に好都合なのです。

ちなみに「ハンドルの下側にライトをつけると、下ハンが握りにくくなりませんか」と聞かれることがあります。

たしかに、常に下ハン走行!という方なら気になるかもしれません。でも、ロングライドで下ハン走行は少ないうえ、マジックテープによって軸径が太くなり、かえって手のかかりがよくなるので、私は気になりません。

余談1:買ってはいけないフロントバッグとは?


フロントバッグと言えば、モンベルの「サイクルフロントバッグ」が比較的ポピュラーです。しかし、もし検討中のかたがいらっしゃれば、アレは候補から外すことを強くお薦めします。比較的安く軽量ではあります。ところが、防水性、容量、耐久性、取り回しはほんとうにダメ。とくに防水性はないに等しいので、濡れてもいいものしか収納できません。降られる心配のない短距離ライドならよいのですが、短距離ならそもそもフロントバッグは要りませんからね… 

というわけで、オルトリーブです。大容量ながら、ふだんはパコっとフタを開け閉めするだけで気軽に荷物を放り込んでおけます。ありがたみを感じるのは、やはりロングライドにつきものの雨天時です。

たとえば雨の中サイコンを充電しながら走る場合も、ケーブルに繋いだバッテリーを入れておくだけで大丈夫。よほどの豪雨でもない限り、浸水トラブルとも無縁です。

※ただし、サイコン側の接続ポート側が浸水する可能性はあります。それに備えて、サイコンのポートにケーブルを繋いだまま、シリコンコーキング剤で固定する手もあります。

これからオルトリーブのフロントバッグを買われる場合は、スタンダードなタイプをおすすめします。中仕切りとサイドポケットつきの上級モデルは不要です。純正の中仕切りはかさばり容量が減ってしまいます。そしてサイドポケットは、逆にほとんど容量がないためです。

余談:光軸の調整について



フロントバッグ派は、消去法的にハブ軸にライトをつけがちです。しかし、私はハブへの装着もやめました。輪行などでホイールを着脱するたび、光軸の微調整に時間がかかり、イライラするのです。クイックリリースのハンドルまでカーボン製を使っている身としては、ハブ用アタッチメントのわずかな重量増もイヤでした。
そんなわけで、苦労した末に「ハブ軸には何もつけない派」になりました。

※ハンドル下部に取り付ける場合も、光軸には注意が必要です。上向き、つまりハンドル下部が前上がりになっている場合は、対向車/歩行者を幻惑し、危険です。一方、ハンドルが下向きすぎると目の前だけが照らされます。下ハンを水平位置あたりまで「送る」か、ライト軸の尾部を大きな輪ゴムなどで固定し、強制的に下向きにしましょう。8~10m先の地面に光円ができるくらいがベストです。

文章だとわかりづらいので図を描いてみました。↓

ハンドル×ハンドル○


夜間走行が前提の、ロングライド時のご参考になれば幸いです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:自転車
ジャンル:趣味・実用

舷側パーツの分割

バルグレイを製作したときは、各飛行甲板を電飾した後にそれを束ねるのに非常に苦労しました。やはり各階層ごとにLEDを設置して、電源だけ供給すれば完結するようにしておくべきです。
というわけで、今回は舷側パーツでいかにも「切り離した方が便利ですよ」といわんばかりのパーツを分割してみることにしました。

紫のランベア側に青いシュデルグ側がはみ出ているのがよくわかります。ここですね。

DSC04626.jpg

まずはラインチゼルの0.15mmでモールドを何度もなぞり、溝を深くしてから、「職人気質 ハイパーカットソー」という、0.1mm厚の精密ノコギリで切断。通常のエッチングソーも使っていますが、このくらいのボリュームだとまっすぐ切るのにスキルが要りそうだと思い、こちらにしました。

職人堅気 ハイパーカットソー0.1 PRO-R

上はデザインナイフの先端に取り付けたエッチングソー。
下がハイパーカットソー。エッチングソーの何倍もするだけあって、桐製の柄についています。

DSC04623.jpg

価格なりに、おもしろいほどスパッと切れてくれます。でも、耐久性はどのくらいあるのかは未知数でですが、、

この短期間に道具を揃えまくってますね…「弘法筆を選ばず」という言葉がありますが、逆に言うと凡夫は筆を選べばよいのだと考えています。面倒だから、スキルがないから、とやらないより、道具で解決できるのであれば使っちゃえ、という。

DSC04625.jpg

切断面も、やすり掛けが不要なくらいきれいでした。

シュデルグ・ランベア・バルグレイの舷側分割加工

こうすることで4段の飛行甲板をもつ船体が個別に製作を進めやすくなったかと思います。
関連記事

テーマ:模型・プラモデル
ジャンル:趣味・実用

ランベア・バルグレイ・シュデルグ無塗装派におすすめ加工

ガイペロン級の魅力の1つは、旧作を蹈襲しつつ現代風にアップデートされた艦体の表現ですよね。石津泰志さんのデザインはほんとうにすばらしいと思います。そして空母らしさを盛り上げるには飛行甲板のライン表現は欠かせません。

で、私ははじめから(経験ゼロなのに)塗装で表現しようとして苦労を重ねています。一方、付属のデカールは簡単かというとそうでもなく、デカール本体が柔らかいうえに周囲の透明部分が引っかかってきれいに貼ることができない、といった書き込みを散見しています。とくに甲板最先端の左右のラインは艦載機が通過するにも拘わらずトレンチ状で、貼りにくさの元凶になっている様子。まあ、レールガンのような電磁カタパルトだろうし発艦専用だろうし
で設定状は問題がないんでしょうけど…

というわけで、これもネットで拝見した案の流用ですが、薄いプラ板を貼ってしまうお手軽案があります。プラ板を貼ることで、マスキングも塗装もなしに、トレンチ状の溝を埋めることができるという。

プラ板の加工は私もまだまったく慣れておらず、切り出しにとても苦労しています。しかし、エヴァグリーンの幅1.5mm、厚さ0.25mmの平棒 プラボウがほぼぴったりなんです。

エヴァグリーン 模型製作用素材プラボウ 平棒 0.25×1.5×355mm 10本入り 103
DSC04618.jpg


ガイペロン級 飛行甲板先端部の溝は「およそ」1.5mm。はめ込むだけで「ほぼ」嵌まってくれます。
でも、「ほぼ」と書いたように、ビシッときれいに行かない部分があります。それもそのはず。ガイペロン級の溝の幅は、デジタルノギスで測ると1.4mm前半から後半と、百分の数mm程度、1.5mmより狭い箇所があるのです。

私は前回、マスキングテープを泣きながら1.45mm幅で加工して塗装していました(きれいに仕上がってたんだけど、事情で3回ずつ)。なので1.5mmだとちょっときつい箇所がでます。そういうときに、BMCタガネが役に立ちます。模型づくりを始めて半年ちょっとの自分でもなんとなく加工できているのは、ほとんどBMCタガネのおかげといってもいいくらい。

それの1.5mmを使って、1.5mmに満たない溝を拡幅してあげるわけです。
スジボリ堂 BMCタガネ 1.5mm

ただし、拡幅のしかたには若干配慮が必要でした。何も考えずにBMCタガネで削ると、幅の合わない溝に無理矢理タガネを通すことになり、恐らく直線ラインはいびつに崩れるはず。下の画像のように狭い幅でも通るよう、はじめは先端を少し傾けて、斜め移動するつもりでカンナ掛けするのがよさそうです。

飛行甲板のライン加工

こうして、ほんのわずかずつ溝を拡げていき、まっすぐにタガネを通せるようになったあたりでカンナ掛けをやめると、ちょうど先ほどの平棒がきっちり嵌まる幅になっているはずです↓

DSC04619.jpg

溝が消えるので電磁カタパルト的表現ではなくなるものの、デカールが撚れることを気にするより簡単だし。仕上がりはきれいです。
ただ、ネックは価格ですね。精密加工しているとはいえ、1袋数グラム程度のプラ材にいくらかかるのやら…

関連記事

テーマ:模型・プラモデル
ジャンル:趣味・実用

シュデルグとランベアの相違点?

ガイペロン級多層航宙母艦、気がついたら3種とも購入していました。

バルグレイは2月末から2ヶ月半いじり倒してある程度電飾したものの、後悔する部分が多すぎ結局途中で放棄。

バルグレイを電飾にて製作


1/500ヤマトもダロルドも、メカコレ版ヤマトも絶賛放置中なので、いまだに完成品はゼロ状態。

そんな状況なのに、また手を出しています。今度はランベア…のはずが、ランベアをいじっている間にシュデルグが届いたものだから、途中からシュデルグに切り替えて製作することに。アホすぎです。

実はシュデルグよりも、ガイペロン級をベースにした、たぶんまだ誰もやっていない色物ネタに進みたいなと考えています。でも、それは初心者ではまだ技術的に厳しい。というわけで、基礎的な工作の練習がてらシュデルグに切り替えて取り組んでみます。

ランベアとシュデルグを2個イチに

組みかけていたランベアに、シュデルグのパーツをセット。2個イチだけど、たぶんシュデルグとランベアの違いはこの部分だけ…のはず。

紫と青の組み合わせ、意外に違和感がありませんw バルグレイの尖った先端をつければもっとおかしな雰囲気になるんだろうけど、私が目指しているのはそういう方向ではないのでパス。

ところで… ここ↓も微妙に形状が異なる気がするんですよね。左舷の第一飛行甲板直下、メインエンジンのあたり↓
写真

紫のランベアの方が、画面中央付近のくびれが大きい気がしないでもありません。でも、確認のためにデジタルノギスで数箇所測ってみたんですが、0.1mm単位で同一寸法なんですよね。うーん…めんどうなので、1つ上の画像のとおり、ランベアの舷側パーツをシュデルグに流用するとします。

流用と言えば、作りかけで放置していたその他のパーツもいくつか流用するつもり。

たとえばバルグレイ用に作っていた、限界まで薄く削り込んだ艦橋レーダーとか
バルグレイの艦橋レーダー

穴あきモールドを20箇所くらいモーターツールで浚いなおした、バルグレイのエンジン部とか

バルグレイのメインエンジン部

ランベアを作るつもりで進めていた、窓を開口した艦橋とか
ランベアの艦橋部

ちなみに、バルグレイの艦橋を開口したときは3晩かかってしまいました。しかし上の加工では1時間かからなかったな。さすがに何個も作っていると、呼吸がわかってきた気がします。

そして、シュデルグ独自の加工第一弾。第一飛行甲板の先端部裏側が、ぽっかり間の抜けた空間になっています。ここを0.3mmのプラ板で埋めました。プラ板が透明なのは、それしか持っていないというだけで深い意味はありません。
第一飛行甲板の先端裏側修正

他の飛行甲板は、こんな隙間はなく、一応フタがされています。なんのモールドも入ってないけど。
関連記事

テーマ:模型・プラモデル
ジャンル:趣味・実用

メカコレヤマト 8 艦橋の窓、「おゆまる」でもけっこう再現できました

最近仕事が忙しく、今日も帰宅は1時過ぎ。こんな時間に夕飯を食べつつ作業をしています。
とはいえ、作業できるのは15分ほど。というわけで、昨日熱で柔らかくしたおゆまるを押しつけたまま放置していた艦橋の窓部分を、デザインナイフでそぎ落とすことだけ、やりました。

ついでなので、点灯試験を行います(本番では光はグリーンの予定)↓

メカコレヤマトの艦橋に「おゆまる」を使って電飾します

黄色い背景はマスキングテープ。実は艦橋部分、一度1608のLEDチップを取り去っているので、しかたなく砲弾型のLEDをマスキングテープで固定して光らせています。そのため、7つ6つある窓のうち、両サイドまでは光が届かず、暗いままです。チップを仕込むと艦橋全体が光っているように見えるはず。

ちなみにチップLEDは今回は緑を使う予定。画像は色温度の高い(7500K以上)白色LEDで、上から当てている照明は電球色の蛍光灯。なのでとっても青く見えてしまっています。

はあ、眠いので寝ます…
関連記事

テーマ:模型・プラモデル
ジャンル:趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。