プロフィール

terra

Author:terra
SF好き。アウトドア好き。
ロードバイク物欲派。
レイ・カーツワイルの未来予測を支持するシンギュラリティ信者(笑)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドバイのメガプロジェクト群

アラブ首長国連邦のインフラ投資というのはまったく想像を絶するスケールだ。原油価格が高騰しているうちに、原油枯渇後の飯のタネとして世界に誇れる観光資源を作っておこうということらしいが、それにしてもメガプロジェクトの数と規模は半端ではない。

有名どころでは、完成時の高さを公表していない(追随するプランが出てきたらさらに高くする勢いの)超超高層ビル=ブルジュ・ドバイや、
すでに作られているものではこれだろう。
Burj Al Arab
Burj Al Arab


そして、「パームアイランド」。人工の砂浜を多数造成するにあたり、できるだけ総延長が長い方がいいじゃないか、どうせならパームツリーのかたちにしようよ、ということらしいが、その規模たるや度肝を抜く。

画像は完成予想図だが、このThe Palm Jumeirahはほぼ造成が終わっている(パームというより、私にはStar Trekのエンタープライズ号--D型以降--の俯瞰図に見えるけれど)
palm-jumeirah.jpg

そして驚くのは、人工島はこの1つだけでなく、合計で3つつくられているということだ(3部作=Trilogyと呼んでいるらしい)。しかも残る2つ、The Palm Jebel Aliと同Deiraは、初号島であるJumeirahよりはるかに広大だ。

The Palm-Trilogy

しかも、上のThe Palm Trilogyサイトにある通り、JumeiraとDeiraの中間には、世界地図を模した(!)人工島群、その名も「The World」が作られつつある。そしてThe Worldにある島の一つ一つは"別荘島"として、すでに分譲中だそうだ。
the_world.jpg

(たびたびで恐縮だが、SF好きにこのThe Worldはラリー・ニーヴンの「リングワールド」大海洋にある「地球の“実物大地図”」の実写版に見えてしまう)

さらにさらに、The Palm Jumeiraは比較的シンプルな人工島である(ほんとうか?)のに対し、The Palm Deiraはなんと!内海にあたる部分にアラビア語の文字をかたどった島が浮かび、すべてを読み合わせると1つの詩になるのだという。

http://www.eikongraphia.com/?p=835
220PTW1.jpg

dubaire0_impressie.jpg

もうご自由にどうぞ、といいたくなるが、この着想はすばらしい!

そんなメガプロジェクトがそれこそ数え切れないくらいに同時進行しているため、ドバイではもはや、ありきたりな斬新さでは誰も驚かなくなっているのではないだろうか。

下のような、各フロアが独自に回転して風力発電を行うというプロジェクトもあるようだが、残念ながらもはや「ふーん、それで?」という感想しか出てこない。短工期で建設でき、売電できるくらいの優秀な建築計画らしいのだが。

The first World Dynamic Architecture


各フロアが個別に風の力を受けて独自に回転し、発電を行うという。
屋上からゴンドラを吊して外壁の清掃、というのはできそうにありませんが、、
appartment-floor_Page_21.jpg

スポンサーサイト

昨日からの続き → 実際に、作ってみた。

昨日のエントリの続き。

さっそく自分でもタブレットで試してみた。
しかし、むずかしい…!

まずもって、タブレットが思うように操作できない。
どうしても線が微妙にずれてしまう。
パレットでツールの選択をするのにすら、難儀する。

タブレットを使うのは、15年前に買ってすぐお蔵入りさせて
しまって以来。
値段は15分の1になったけど、あの頃からたいして進化していないんだなあ…

なかなか狙った線が描けないため、結局イライラして
マウスを取り出し、禁断のベジェ曲線の編集に走ってしまう。
そうなるともう、まったくのドツボ…

夜中まで何時間もかかって作れたのは、こんな感じ↓
レザーパンツ
完成にはほど遠いですが

やってみてわかったことは、やっぱり元の画像はでっかいサイズの方がトレースしやすいこと。最低でも、横幅1000pxは欲しい。

それと、あらかじめ元画像は彩度やコントラストを上げておいたうえで、インデックスカラーにしてある程度階調をはっきりさせておいた方がいい。でないと途中で、自分がいまトレースしているのがどの色のどのパーツだったかがわからなくなってしまう。

ついでなので、制作過程を。

レザーパンツはぶっつけでも簡単にトレースできた。一方、腹部のくびれ具合や腹筋のつき具合は、真正直に手でトレースしていてはわけがわからなくなてしまう。そのため、まず元画像をPhotoshopで開いて加工した。任意の肌色部分だけをマジックワンドで選択。色数は適当だけど、100色程度。そして「選択>近似色の選択」で肌色部分全体を抽出した。

さらにそれを「モード変更>インデックスカラー」で適宜色味を減らすと、一気に階調が整理される。

ここまでできてしまうと、あとは単に根気の問題になるだけだ。
階調の数を減らしたり増やしたり、色のトーンを変えたり、
好みでいろいろ遊べそうだ。
ほんとに、猿でも私でもできるレベル。

腹部インデックスカラー加工



ついでだから元画像も。
元がなんなのか、ロバート・ロドリゲスの映画好きだったり、某女性アーティストのファンならバレバレですね…
元画像


もしかしたら、元の英語サイトにも同じようなノウハウが記してあったかもだけど、せっかくなので自分の思いつきも記してみた次第

『Illustrator』で人物写真を『スキャナー・ダークリー』風に加工

フィリップ・K・ディック原作、キアヌ・リーブズ主演の半アニメ風実写SF映画「スキャナー・ダークリー」は、内容もさりながら映像表現が新鮮だった。

その手法そのままではないものの、同じような表現を紹介した記事があった。個人的にものすごくタイムリーだったので、思わず孫引き。

日本語記事:
『Illustrator』で人物写真を『スキャナー・ダークリー』風に加工

原文サイト:http://www.illustratortechniques.com/imitating-a-scanner-darkly.html

この手法自体は日本でも、数年前に話題になったことがあった。
油彩状キムタクが喋る、TBCのCMだ。作者はヒロ杉山氏だったか。当時いろいろなイラストレーターがこの技法を使いたがったが、制作者は「技法はヒミツ!」と明かさなかったはず。

その技法そのままではないかも知れないものの、それが上記のサイトで公開されている。
私としては、長年のつかえが下りたような気分だ。

…しかし、こんなに簡単なテクニックだったとは。

要はAdobe Illustratorで下絵にレイヤをかぶせ、
鉛筆ツールで色別に輪郭をトレースしていくだけ。
膨大な量のベクターオブジェクトをさばくため、色別にレイヤを分けて管理する必要がある。
しかし原理はあまりにシンプル。
シンプルすぎて腰が抜けるくらいだ。
そして、とんでもなく手間がかかるだろう。
頭がくらくらするくらいだ。

もっとこう、Photoshopでレベル調整をかけて色を制限したうえでレイヤに分け、そいつをIllustrator側で一気にアウトライン化するとか、しかもそれをマクロですべて自動化するといった流れを想像していたのに、こんなに頭の悪そうな(失礼)地道なテクニックだったとは…

しかし映画の方も、上記リンクには“わずか1分の映像にアニメーター30人が500時間をかけて作り込んでいた”とある。スチルならまだしも、こちらは動画。
やはり自動化はできなかったのだろう。

ところで、なぜこの記事が個人的にタイムリーかというと、昨夜ワコムの新しいタブレット「BAMBOO」が届いたばかりだったから。

WACOM Bamboo MTE-450/K0
WACOM Bamboo MTE-450/K0
posted with amazlet on 07.07.12
ワコム (2007/05/18)
売り上げランキング: 441


もともと絵を描くのが好きな娘にと注文したのだが、この「スキャナー・キアヌ」「TBCキムタク」な絵を作るにはうってつけだ。
マウスじゃ正直、全然ムリ!

あと、昔大好きだったイラストレーター、永井博氏イラスト表現を真似することもできそうだ。

永井さんといえば、ポートレイト作品より、むしろ椰子の木茂るビーチの絵が大のお気に入りだった。買ったばかりのアクリル絵の具と、入門用エアブラシでよく模写したものだ。あの、南の島らしい濃紺の空。あの色は、リキテックスの「フタロシアニンブルー」でなければ絶対に再現できなかった。
久しぶりにそんなことまで思い出す。

自慢できるようなオリジナルが作れない素人は悲しい。
それでも、久しぶりに娘とともに、絵を描いてみようと思う。
PCなら、絵の具の片付けも楽だしね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。