プロフィール

terra

Author:terra
SF好き。アウトドア好き。
ロードバイク物欲派。
レイ・カーツワイルの未来予測を支持するシンギュラリティ信者(笑)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特異点との出会い

はじめてカーツワイルを知ったのは、数年前のオンライン記事だったと思う。

カーツワイルが語る途方もない未来予測にあてられた執筆者は、カーツワイルのことをなかば茶化しているように読めた。

それはそうだろう。60歳に近い人物が、今後数万年も生きられるものと完全に信じており、今後わずか2、30年のうちに人工知能が人間を遙かに凌駕するとしているのだから。

しかし、私はその途轍もない大風呂敷に惹かれた。

SF的なビジョンを語るその人物が、OCRを発明したり、音楽業界では知られたシンセサイザーの開発者だったことを知って、興味はさらに深まった。

その人物の言説を、もっと知りたいと思った。

すぐに旧著の『スピリチュアル・マシーン―コンピュータに魂が宿るとき』を読んだ。唸った。これは並のSF作家もかなわない、超弩級のほら吹きだ、と思った。

・今後わずか20年程度で、意識をもったコンピュータがあらわれること。
・さらにその十数年先、機械由来の知性と、(機械で拡張された)人間由来の知性とは区別がつかなくなること。
・時を経ずして、人間の体と地表の大部分はナノマシンに代替される。膨大な演算能力をもち瞬時に姿を変えるその「フォグレット」により、我々が住むこの世界そのものが仮想現実的な現実となること。

…そしてその議論の基礎になるのは、荒唐無稽なSF的ビジョンではなく、弁証法的に導かれた科学技術の指数関数的発展であること。

すっかり虜になった。

アタマから否定するより、彼の主張する未来予測に素直に同調したい。そしてその未来を実際にこの目で見、触れてみたいと願う。


『スピリチュアル・マシーン―コンピュータに魂が宿るとき』
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。