プロフィール

terra

Author:terra
SF好き。アウトドア好き。
ロードバイク物欲派。
レイ・カーツワイルの未来予測を支持するシンギュラリティ信者(笑)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SILCA PISTA/SUPER PISTAの分解でお悩みの方へ

シリカの自転車用空気入れ「PISTA(ピスタ)」。
その筋では言わずと知れた定番ポンプだ。

これにヒラメの口金を縦型でも横型でもいいのでセットアップすれば、
高圧の仏式チューブも最高に入れやすくなる…はずだ。

ところが非常におおらかな作りの製品でもあり、
精度のバラつきは相当なものらしい。
私が買った製品、ハズレの方だったようだ。

とにかく、6気圧くらいからは空気が抜けまくるのだ。
おそらくピストン部のパッキン(皮革製!)に
隙間があるのだろうとあたりをつけて、分解しようとした。

ところが、ピストンロッドを抜くためにシリンダー上部のプラスねじ2個を外しても、プラスチック製のキャップが外れない。
キャップ側面にはコインの側面のように溝が切っており、そこを手がかりに回すものだと思っていた。でも、非力なためか回らなかった。
他にやりようが思いつかず、諦めた。これが2年前のこと。

ところが先日、富士チャレンジ200に参加した際、メンバーが持ち込んでいたピスタを借りて、その入れやすさ、楽さに驚愕した。
きっとうちのも、直そうとおもえばできるはずだ。

というわけで、埃を被っていたのを引き出した。
以前はグルグル回そうとしてとれなかったのを、今回はハンドルをもって思い切り引っ張ってみる。全身の力をこめたら、くだんのカバーごと、ロッドがすぽんと取れた。
(そういうときに限ってホワイトデニムを履いていて、瞬時に古いグリスで汚してしまった)

ああいう造形だと回すことしか思い浮かばなかったが、単に引っ張るだけでよかったとは。…自分の間抜けさ加減にしばし呆然。

結局エアー漏れの原因は、推測通りピストン部の革製パッキンの傷みだった。上下の往復動を繰り返すうち、内部で撚れて偏心しまっていた。
酸化やスラッジを含んで変色したグリスと、古びた皮革のパッキン。2つのコンビネーションで、排泄物の塊にしか見えない。

2年前に買い置きしてあった革製パッキンを、これでもかというくらいグリスだらけにして交換。おそらく皮革のメンテにはミンクオイルあたりがよいのだろうけど、デュラグリスで代用。この革パーツは近所の自転車店で190円。補修材が安いのは助かる。

ついでに、下側の台座もアーレンキーで取り外して、シリンダーからゴムホースに空気を送り出す連接部のOリングもグリスアップ。
ここはあまりたくさんグリスを付けると、空気穴を塞ぐので少しでよさそうだ。それにしても、なんという機構の単純さか。これで数十年マイナーチェンジしかしていないというのは驚きだ。

結果、最高とまでは行かないものの、操作がかなり楽になった。

以上、ピスタの修理方法を。
私以外に分解できないなんて人がいるとも思えないけれど、念のため…
関連記事
スポンサーサイト

黒い再帰性反射材

フレームが黒いと、夜間走行時に目立ちにくいのがやっかい。
それと、ケーブルアウターの取り回しで、どうしてもフレームと擦れやすい部分が出てくるが、放置しておくとすぐにペイントが擦れて剥げてくるのが気がかり。
後者には、BBBあたりからケーブルに巻くシリコンジャケットが出ているものの、 ヒト桁違うんじゃないの、というくらい割高感が。

というわけで、こんな商品を通販で。

(住友)3M Scothlite Plus 680 の黒

真っ黒な再帰性反射材というのはめずらしい。

銀の再帰性反射材はよく見る。赤、黄、緑などの蛍光テープや反射材も。 よく、安全意識の異常に高いお年寄りが、でかいバックミラーつきの自転車を反射材だらけにしているのを見かける。夜間の被視認性は抜群だろうけど、あれは恥の意識をかなぐり捨てないと無理。

一方、黒いフレームに黒だと、明るいところではさほど目立たない。
そのことが受けて、最近バイク乗りやオートバイ乗りの間でひそかに流行しているようだ。

しょぼくて恐縮ながら、画像は部屋の灯りをつけたところ、携帯のライトを点灯したところ、部屋を暗くしてその状態で撮ったところ。明るい場所では目立たないのでいい。

111.jpg  222.jpg  333.jpg

この商品はテープでなくシート状になっており、工芸用ナイフで微細な加工ができそうだ。私は面倒なので縦横に普通のカッターでぞんざいに切ってしまい、よく見るとアラがいっぱい。だから、普段目立たないのはなおさら嬉しい。

それと、シートが若干厚みがあって伸びることと、ある程度失敗してもやり直しがきく。 冒頭の、フレームとケーブルが擦れる部分にこれを貼ると一石二鳥。

(実はアディクトのフレームを買ったとき、メンテナンスマニュアルとともに擦れ防止の透明保護シールが同梱されていた。しかし気がついたのはこの措置を施したあとだった。でもまあ、スコッチライトの方がいい)

今回買った通販サイトでは、A4サイズで1枚500円から。で、送料も500円。 2枚買ってしまったけれど、ベタベタ貼りまくらないなら1枚でも2台分程度はいけるだろう。

カーボンフレームのかた、とくに夜間走行の多い自転車ツーキニストにおすすめです。
関連記事

POLAR CS400とCS200比較、そしてCS600について

POLAR(ポラール) サイクリングモデル ハートレートモニター CS400
長らくPOLAR CS200cadを愛用していたが、バッテリーの調子がおかしく、電池を取り替えても起動しなくなってしまった。保証期間内なので修理に出すつもりだが、今週末には富士チャレンジ200が控えている。今から修理して、間に合うはずもない。

ままよ、というわけで、もうひとつ買うことにした。
それも、同じものではつまらないのでCS400。予定外の痛い出費である。

せっかくなので、両者を簡単に比較してみた。
届いたばかりで自分自身、まだ装着もしていない。
使用感の比較は、また、追って。

P1020423.jpg


並べてみると、やはりCS400の方がひとまわり大きい。
数値上は、こうだ。

CS200:タテ58×ヨコ47×厚さ16mm(33g)
CS400:タテ62×ヨコ52×厚さ20mm(40g)

※括弧内は実測重量

ついで側面から。
やや意外だが、CS200の方が、側面に嵌められた軟質樹脂の精度感が高い。

P1020428.jpg


次はCS400の裏側。電池はCS200ではCR2032が使われていたが、
こちらはCR2354。半分切れているが、右上に赤外線ポートがある。

P1020426.jpg


買ってみて始めて気がついたのだけれど、400の上面の赤い部分は200のようにボタン3個並びではなく、1つだけだった。そして、側面に4個の合計5個態勢。ライド中はボタン1つで操作できるよう工夫されたようだが、表示領域が変わらない以上、すべての情報を一画面で表示できるはずもなく、表示モードは随時右側面上下の2つを使っておこなうこと二。CS200の3個が直感的に操作できていたので、これが改良かどうかはわからない。
また、マウントから取り外すとき、CS400は少し力を込める必要がある。すると当然、側面のボタンを押し込んでしまう。些細なところだが、あまりよい気分ではない。

ちなみに5個のうち、左上は照明用だ。

ほとんど夜間使わなかったためCS200の照明はどのようになっていたか記憶が曖昧になっている。
たしか、3つ並んだ中央のボタンを長押しするのではなかったろうか。
CS400は専用ボタンになり使い勝手は少し向上したかもしれない。
そして、(これも曖昧だけれど)CS200は側面から電球で液晶面に光を当てていたと思う。一方400ではなんというか…TIMEXの液晶腕時計のように、液晶が反転するような案配で光る(うまい表現ができず、おはずかしい)。

外観はマイナーチェンジレベルの違いしか感じられないけれど、インタフェースは相当に変更されている。
物理的な表示サイズはほとんど同じだけど、内容は別物だ。
私は使ったことがないけれど、ひょっとするとS7xxシリーズを使っている人には、こちらが近いのかもしれない。

K81Today_RGB_150dpi.jpg K84PhaseExeDisplay_RGB_150dpi.jpg


そしてポラールCS600

その他、トレーニングプログラムのCD-ROMと、別途取扱説明もCD-ROMになってついてきた。CS200と同じ図柄の「スタートガイド」ブックレットも同梱されていたものの、200とくらべてやたらに薄い。そしてその表紙を見て、驚く。

P1020429.jpg


CS400の上に、「CS600」とある!?
うかつだった!

CS600サイト

勉強不足で知らなかったが、海外では2006年にCS600が発表されていたらしい。筐体は400と同じで、ベゼル部分がカーボン柄の高級バージョン。パワーアウトプットセンサがつけられるようだ。

しかし、中身がかなり異なる。この、先走って作られたらしい日本版スタートガイドによると、CS600以降は「W.I.N.D.システム」なるものに前面刷新されている。

これは、従来の方式から2.4GHz帯を使用する無線方式に変わったものだ。ワイヤレスマウスやキーボードなどでおなじみのアレだ。ということは、デバイスごとに固有のIDを振れるのだろう。集団で走ったときに混線することはなさそうだ。また、有効通信範囲も10m程度まで拡大するのかもしれない。線路のそばなどで表示がおかしくなるトラブルも、これでぐっと減るのだろう。

しかし、2.4GHzのW.I.N.Dシステムは従来の製品ラインナップとは当然、互換性がなくなる。ガワは同じなのに。私のように、CS200付属のケイデンスセンサでセットアップしたものをそのまま400でも流用する、ということはできなくなる。過去の資産を捨ててしまうのは、ポラールにとっても、既存ユーザにとっても、厳しいだろう。

日本ではま未発売というのは、キヤノントレーディングがそのあたりを検討して、W.I.N.D.のラインナップが拡充するのを待っているのだろうか?

2.4GHz帯無線とパワーセンサがオプションで装着可能という以外は、スタートアップガイドを見る限りCS400とほぼ代わりがないようなので、とりあえず安心する。

いろいろ調べた結果、CS400を最安だったamazonで購入した。

従来、私は自転車パーツは神宮前か武蔵小山の有名店で買うことが多い。ネットで購入する場合は、いつもほとんど最安のアスキーサイクルを選ぶ。

しかし、最近のアスキー(とセキヤも)は他のネットショップと比べてさほど割引率が変わらなくなっている。

CS400についていうと、かなり調べたものの、現時点ではどこも同一額。
10%OFFの45,360円でしかない。楽天やカカクコムでも同じか、当然それ以下の割引率しか見あたらない。

ならば送料がかからず、クレジットカードが使え、amazonポイントが貯まり(といっても101pt)、プライム会員ならスグに届けてくれるamazonがベストだろう。

アスキーサイクル(TOP)

ウエムラパーツの当該商品ページ

amazonの当該商品ページ
POLAR(ポラール) サイクリングモデル ハートレートモニター CS400
ポラール (2007/04/20)
売り上げランキング: 1324

使用感等は、日を改めて、、、

関連記事

自転車における動的平衡

福岡伸一の人気書『生物と無生物のあいだ』に、
"生命はいわば波打ち際に立つ砂の城。常に波の浸食に曝されながらも、新しい砂がその構造を補い、全体として同じ形を保っている"といった趣旨の記述がある。生命の「動的平衡」を砂の城にたとえた美しい表現だ。

で、なにがいいたいかというと、拙宅の自転車もまさに動的平衡状態にあると考えている。

最初に現在の自転車を吊しで買ったのが4年前。
売れ残りのフレーム(単体では3万円程度で投げ売られていた)にフラットバー、フラットペダル、安いパーツを取り付けて売りさばこうという、今にして思うと店の意図が見え見えの企画商品だった。
これに乗るうち、すぐにデフォルトでは物足りなくなっていった。
ペダルをSPDに替え、フラットバーをドロップにし、ホイールを完組みにし…

結局、自転車の台数はずっと1台のまま、ほとんどのパーツを3、4回以上
交換した。唯一変わらなかったのが、プジョーのフルアルミのフレームだった。

そして今回、ついにフレームを替えた。
最終入荷したばかりの07年型 SCOTT Addict SLである。
最後の最後で、奮発した。

これで、最初から残っているパーツは全く残っていない。
新陳代謝の1サイクルが完了したわけだ。

ろくな写真しか撮っておらず、しかもウラ焼きになっていて見づらいけれど、上が1ヶ月前。下が2週間ほど前。かつて10万円だった安物のフラバーロードが、雰囲気をさほど変えずに、いつのまにかそこそこ高価な自転車になっている。

peugeot_addict.jpg

1台の自転車が変わっていく様子は、私には生き物の生長にも思える。
しかし私は、この自転車にふさわしい脚にはほど遠い。
自分自身も成長させて、2回目の新陳代謝サイクルを迎えたい。
関連記事

デュラエース STIレバー用スリムシム

スコット アディクトに全パーツの載せ替えを行った。

私の身長は標準(171cm)ながら、腕がかなり短い。
袖の長さで合わせると、上半身は必ずSサイズになってしまう。
そのため、今回はステムをかなり短い8cmを新調した。

9cmまでのステムはけっこう選択肢があるが、8cmを切ると
いきなり重い商品しか選べなくなる。結局、そのなかでも
かなり軽い部類と思われるDEDA ZERO100 SERVIZIO CORSEを装着。
実測重量は95g。アルミ製だがけっこういい線。

合わせて、同じDEDAでハンドルも幅を詰めた。
スーパーナチュラル31(芯-芯38cm)。実測235g。
こちらは値段なりのモノだが、ショートドロップなのがありがたい。
ただ、アナトミックはシャローとくらべて下ハンを握ったときに
指が遠くなる。ほとんどブラケット上部しか握らない「生涯一ブラケッター」を自認していたが、そろそろなんとかしたい。

ということで、以前から気になっていたデュラエースのSTIレバー用シムを手に入れた。スペシャライズドの「SLIM SHIM」。
これはなかなか近所に売っておらず、ネットで探したところ、定価840円に対してヤフオクで4000円近い価格で落札されたりしている。ただのプラスチックの塊とも思えるのだが、なんともはや。

slimsim2.jpg

かくいう私も、購入店舗が代引支払しか受け付けていなかったため、
送料・手数料で商品と同一額を吐き出す羽目に。

で、装着したところ、かなりの隙間が空いてしまっている。
型番を間違えたのかと思うほどだ。
いったいどういう設計をしているのやら。

surimusimu.jpg

どうも、接着用の両面テープの厚みすら考慮していない様子。
また、テープの粘着力自体も非常に弱い。
接着面をディグリーザーで拭いて油脂・汚れの類は落としているのだが、それでも不安が残る。
「貼ったあと剥がすと粘着力が落ちるのでその場合は購入店に相談を」といった注意書があるが、それ以前の弱さだ。

噛ませたシムが取れると、当然ワイヤーのテンションが落ち、
ほとんど制動できなくなってしまう。場合によっては、大事故にもつながりかねない。もし落車した場合には、どこかに吹っ飛んでいないかよく確かめておかないとまずいだろう。

これはどう考えても、シマノ自身がオリジナルのCADデータを使って純正品として出すべきものだ。グリップ本体の内側上部には、レバーの戻り時に音鳴りしないよう、ラバーのクッションがはめ込まれている。この穴に嵌合するようなものを出せば具合がよいと思うのだが…。
関連記事

SCOTT アディクトを買った

9月にスコット・アディクトのフレームを買った。

すでに2008年モデルの国内デリバリーが始まっていたが、
私が買ったのは2007年型のAddict SLだ。

実は新型のアディクトR4も同時に入荷していた。
こちらは、機体が真っ白。SCOTTロゴがやや小ぶりになり、
全体により洗練されたペイントになっている。
私はシリアスレーサーではないので、こちらに大きく心が動いた。
addictsl.jpg

しかし、R4はアディクトのかたちをしていながら、
CR1と同一のカーボン素材を使っているとも聞く。
(ほんとうかどうかは知らない)
つまり素材の差ゆえに、カタログ値で130gほど重くなっている。

さらにSLは型落ちになったということで、R4より2割以上安価だった。
デリバリーが始まって、まだ半年程度しかたっていないのに。
しかも、届いたばかりで未開封の新品なのに。

デザインをとるか?
性能をとるか?

普段の自分なら、間違いなく前者だ。

しかし上記の条件のうえに、30万円台の2割は大きい。
BMCのSLC-01やオルベアのOrcaも候補に上がっていたが、
20万円台後半で買える機体はこれだけだった。
衝動買いのように、アディクトSLを買ってしまった。

残念だったのは、買ってすぐに組み立てを始めてしまったことだ。
重量を実測しておくべきだった。

07年度のスコットのカタログでは、シートポスト不要のlimited
タイプもSLも、すべて790gと記されている。しかし、シートチューブが
ノーマルか長いかしか違いのないフレームで、どちらも同じ重量というのはありえない。SLのようなノーマルタイプのアディクト(のLサイズ)がカタログ値790gというのが正解であり、リミテッドは900g前後あると考えるのが自然だろう。実際に、シルベストのブログでも私と同じ推測をされていた。

(自転車ライター仲沢隆氏が「バイシクルクラブ」誌でlimitedがカタログ値より大幅に重いと嘆いておられた。プロなのにカタログ値鵜呑みとは情けない)

世界最軽量が売りだった機体だから、おそらく790gからさほど上ブレはしていないだろう。しかも私の買ったのはSサイズ。コラムを詰めたフォークと合わせれば、重めにみても1130g程度だと思う。それにしても、組む前に実測しておくべきだった…
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。