プロフィール

Author:terra
SF好き。アウトドア好き。
ロードバイク物欲派。
レイ・カーツワイルの未来予測を支持するシンギュラリティ信者(笑)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙図

最新の観測結果に基づいた、2007年版の宇宙図が科学技術広報財団を通じて全国の科学館や博物館で配布されているらしい。
現物はポスターサイズだそうだが、PDFデータでA3対応版も配布されているというので見てみた。
「一家に一枚 宇宙図2007」宇宙図のサイト


最新の宇宙の姿というのを知り、驚いた。

宇宙の組成
宇宙の成り立ちをみると、その7割はダークエネルギー。
 …恥ずかしながら初耳だが、宇宙が膨張し続けるエネルギー源と仮定されているらしい。
 で、2番目に多いのは、いわゆる暗黒物質、ダークマター。
 そして、通常の元素というのは、わずか! 4%らしい。
 
見えている宇宙の半径は470億光年
 …そんなに。観測精度の向上ゆえか、以前より数字が大きくなっている気がする。
 直径にすると、1000億光年近いわけですか…
 当然のことながら、見えている範囲は光速の限界内。
 しかし、観測限界の辺縁部が遠ざかる速度は、すでに光速の3倍(!)という。
 光速以上のスピードというのは「あり」なんだろうか。
 なんだかパラドックスめいて聞こえる。
 このあたりも、恥ずかしながらよくわかっていない。

 そして、観測可能な範囲を超えた場所はどうなっているか、
 文字通り観測不能なわけだから、宇宙全体の広さたるや、もう…

・インフレーションの実際
 ビッグバンの前に宇宙が急激に膨張したというインフレーション理論 について、Newton誌の立ち読み程度の知識。これまではあまりに数字の桁が大きく、イメージできていなかった。
 この宇宙図によると、1000兆分の1000兆分の1万分の1秒の間に、ウイルスサイズが銀河団以上の大きさ(銀河系ではなく!)になったというたとえが。あまりに極端すぎる…

そしていつものカーツワイル『ポスト・ヒューマン誕生―コンピュータが人類の知性を超えるとき』だ。本書では特異点以降、人類が宇宙にあまねく広まっていくだろうと論じている。しかも、SF小説でも遠慮して書かないくらいに短期間で。

氏は、人類が22世紀前半までに、計算能力拡張のために太陽をダイソンスフィアで囲んでしまうことを予測している。2080年頃に$1,000で買えるコンピュータの計算能力は、「100億規模の現生人類が1万年かかって行う思考を1マイクロ秒で処理するレベル」としている。それだけ途方もないコンピューティングパワーで思考すれば、光速の限界を出し抜く方法すら見つかるかもしれない、というわけだ。


彼は特異点の一応のゴールを「宇宙の覚醒」としているが、それはイコール、人間の知性で宇宙を覆い尽くすということだ。

ひょっとすると、インフレーション理論顔負けの移動手段が見つかり、グレッグ・イーガンの『ディアスポラ』さながら、私たちはこうした宇宙図に描かれた世界に自分のコピーを派遣しているかもしれない。
ディアスポラ

そして、さらにその先にまで…。


そう聞くと、多くの人が“ドン引き”してしまうことだろう。

私としては、こんな破天荒な話を聞いて、ワクワクする人と友達になりたいと思う。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

1961年8月20日 - )はオーストラリアの小説家、SF作家。パース (西オーストラリア州)|パース出身、病院のプログラマーなどを経て、専業作家に。ナノテクノロジー、量子論、認知科学等、広範囲な科学分野を題材としたSF作品を発表している。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。