プロフィール

terra

Author:terra
SF好き。アウトドア好き。
ロードバイク物欲派。
レイ・カーツワイルの未来予測を支持するシンギュラリティ信者(笑)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SCOTT アディクトを買った

9月にスコット・アディクトのフレームを買った。

すでに2008年モデルの国内デリバリーが始まっていたが、
私が買ったのは2007年型のAddict SLだ。

実は新型のアディクトR4も同時に入荷していた。
こちらは、機体が真っ白。SCOTTロゴがやや小ぶりになり、
全体により洗練されたペイントになっている。
私はシリアスレーサーではないので、こちらに大きく心が動いた。
addictsl.jpg

しかし、R4はアディクトのかたちをしていながら、
CR1と同一のカーボン素材を使っているとも聞く。
(ほんとうかどうかは知らない)
つまり素材の差ゆえに、カタログ値で130gほど重くなっている。

さらにSLは型落ちになったということで、R4より2割以上安価だった。
デリバリーが始まって、まだ半年程度しかたっていないのに。
しかも、届いたばかりで未開封の新品なのに。

デザインをとるか?
性能をとるか?

普段の自分なら、間違いなく前者だ。

しかし上記の条件のうえに、30万円台の2割は大きい。
BMCのSLC-01やオルベアのOrcaも候補に上がっていたが、
20万円台後半で買える機体はこれだけだった。
衝動買いのように、アディクトSLを買ってしまった。

残念だったのは、買ってすぐに組み立てを始めてしまったことだ。
重量を実測しておくべきだった。

07年度のスコットのカタログでは、シートポスト不要のlimited
タイプもSLも、すべて790gと記されている。しかし、シートチューブが
ノーマルか長いかしか違いのないフレームで、どちらも同じ重量というのはありえない。SLのようなノーマルタイプのアディクト(のLサイズ)がカタログ値790gというのが正解であり、リミテッドは900g前後あると考えるのが自然だろう。実際に、シルベストのブログでも私と同じ推測をされていた。

(自転車ライター仲沢隆氏が「バイシクルクラブ」誌でlimitedがカタログ値より大幅に重いと嘆いておられた。プロなのにカタログ値鵜呑みとは情けない)

世界最軽量が売りだった機体だから、おそらく790gからさほど上ブレはしていないだろう。しかも私の買ったのはSサイズ。コラムを詰めたフォークと合わせれば、重めにみても1130g程度だと思う。それにしても、組む前に実測しておくべきだった…
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。