プロフィール

terra

Author:terra
SF好き。アウトドア好き。
ロードバイク物欲派。
レイ・カーツワイルの未来予測を支持するシンギュラリティ信者(笑)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デュラエース STIレバー用スリムシム

スコット アディクトに全パーツの載せ替えを行った。

私の身長は標準(171cm)ながら、腕がかなり短い。
袖の長さで合わせると、上半身は必ずSサイズになってしまう。
そのため、今回はステムをかなり短い8cmを新調した。

9cmまでのステムはけっこう選択肢があるが、8cmを切ると
いきなり重い商品しか選べなくなる。結局、そのなかでも
かなり軽い部類と思われるDEDA ZERO100 SERVIZIO CORSEを装着。
実測重量は95g。アルミ製だがけっこういい線。

合わせて、同じDEDAでハンドルも幅を詰めた。
スーパーナチュラル31(芯-芯38cm)。実測235g。
こちらは値段なりのモノだが、ショートドロップなのがありがたい。
ただ、アナトミックはシャローとくらべて下ハンを握ったときに
指が遠くなる。ほとんどブラケット上部しか握らない「生涯一ブラケッター」を自認していたが、そろそろなんとかしたい。

ということで、以前から気になっていたデュラエースのSTIレバー用シムを手に入れた。スペシャライズドの「SLIM SHIM」。
これはなかなか近所に売っておらず、ネットで探したところ、定価840円に対してヤフオクで4000円近い価格で落札されたりしている。ただのプラスチックの塊とも思えるのだが、なんともはや。

slimsim2.jpg

かくいう私も、購入店舗が代引支払しか受け付けていなかったため、
送料・手数料で商品と同一額を吐き出す羽目に。

で、装着したところ、かなりの隙間が空いてしまっている。
型番を間違えたのかと思うほどだ。
いったいどういう設計をしているのやら。

surimusimu.jpg

どうも、接着用の両面テープの厚みすら考慮していない様子。
また、テープの粘着力自体も非常に弱い。
接着面をディグリーザーで拭いて油脂・汚れの類は落としているのだが、それでも不安が残る。
「貼ったあと剥がすと粘着力が落ちるのでその場合は購入店に相談を」といった注意書があるが、それ以前の弱さだ。

噛ませたシムが取れると、当然ワイヤーのテンションが落ち、
ほとんど制動できなくなってしまう。場合によっては、大事故にもつながりかねない。もし落車した場合には、どこかに吹っ飛んでいないかよく確かめておかないとまずいだろう。

これはどう考えても、シマノ自身がオリジナルのCADデータを使って純正品として出すべきものだ。グリップ本体の内側上部には、レバーの戻り時に音鳴りしないよう、ラバーのクッションがはめ込まれている。この穴に嵌合するようなものを出せば具合がよいと思うのだが…。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。