プロフィール

terra

Author:terra
SF好き。アウトドア好き。
ロードバイク物欲派。
レイ・カーツワイルの未来予測を支持するシンギュラリティ信者(笑)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまたトラブル(;´Д`) BRM723千葉300km(つくば)

先週の宇都宮山岳三連戦は初日財布を忘れてDNS、2日目タイムアウトまであと35分でなんとか完走、3日目ヘタレてDNSというていたらく。宿便が溜まっている状態というか、とにかく不完全燃焼でした。

今後しばらく自転車イベントはないと思っていたけど、春先に片っ端から関東のブルベにエントリしており、今週千葉の300kmも出走予定だったことをすっかり忘れていました。きゅーちさんの書き込みで思い出し、急遽準備を。

といっても、自転車は先週走ったまま放置状態。前夜寝る前に前輪パンクが発覚したくらい(以前パンク修理した際のパッチ部分が剥がれてエア漏れ)。また、前輪のブレーキシューの位置、先週調整したはずなのにどうも片利きになってるっぽい。両者をかんたんに直す程度で就寝しました。

そして当日朝。100mほど先の駐車場まで自転車で移動します。ハンドルにはいつものようにヘルメットやシューズの入ったバッグをぶら下げ。これ、危なっかしいことは承知していたのですが、ついにやってしまいました。

漕ぎ出した瞬間、前輪にバッグを巻き込んでロックさせてしまったのです。

突然のことで、なすすべなく前輪を起点に空中を一回転。頭から落下してしまいました。しかも、すぐクルマに乗るからと、ヘルメットは被らず。つまり、ナマ頭を路面にぶつけてしまいました。

いぃいいでェエエエあ!!!fg;あghっkg!

もちろん激痛、、、というより、落ちた瞬間死んだと思いました。

しかし、痛いのは痛いけど、無事っぽい。左肘と左肩の背中側も擦りむいており、それらで衝撃を少し分散したようです。

しかし、その場で大丈夫だとしても硬膜下血腫などになる畏れがあります。義母がスキー場で孫たちを追いかけて転んだとき、一ヶ月後に血腫が大きくなって頭蓋内を圧迫&脳圧が上昇、危険な状態になったことがあります。なのでとても気になります(そのときは穿頭血腫洗浄術という、頭蓋骨を一部パカッと取って、1リットル近く溜まった血を吸い出す術式が執られました。もちろん頭髪は完全に剃ってしまいました)。

とりあえず、自分が正気を保っているかチェックします。簡単な足し算引き算…OK。自分の住所やメールアドレス…OK。では、二進法の1011は?…ええと、11?じゃあ、アボガドロ定数は?…うう、まずい、わからない!いやでもそれ、高校のときにやったきりで正常なときでも覚えてなかった。

いまのところ、お脳の方は大丈夫です。しかしまあ、上述のようなこともあるので経過観察は必要です。

ほんとにもう…! 猛省しながらクルマで出発。途中発作が起こることもなく、会場の手賀沼・道の駅しょうなん近くの公園に駐車します。

自転車を下ろし、会場に向かおうとしてアレ?前輪のブレーキがやっぱり擦ってる。再度調べると、片利きの原因がわかりました。…ホイールが振れているのです。今回のホイールは、しばらく前にパンクしたまま十数キロ走ったEASTONのEA90 SLX。あれでやっぱり振れたんだろうな。で、先週の宇都宮でさらに振れが大きくなったと。

しかたがないので、前ブレーキを最大限に開放します。こんなんで大丈夫か。四国一周のときみたいに、ポテチみたいになってしまわないか? ええい、いまさらDNSにはしたくないから、このまま走る!

GARMINの電源を入れて、走り始めます。ここでもポカ発覚。アホなことに、GARMIN用の予備電源を置いてきてしまいました。ずううっと目の前にあったのに。なんのために使うかという関連づけが頭の中で全然出来てませんでした。最近ほんとやばいな、若年性痴呆でもはじまってる? すでに若年じゃないけど。

GARMIN自体は満充電になっていて、この状態だと13時間ほど使えます。今日は15時間かかるとして、序盤2時間ほど切っておこう。PC1までは集団だろうし、筑波山のルートは一本道だからそこまではOFFで行けるだろう。そこから電源を入れたらだいたい13時間使えるはず。もし切れたら、そのときはiPhoneのGoogleマップでも使うしか。というわけで、GPSの電源を切った状態でスタートします。

今日のブルベは、ほとんど見知ったかたがいない状態。今日はじめてZERO TO TOPジャージを着ているので、きゅーちさんがいれば一緒に走れると思っていたんですが、肉離れの具合が悪いのでしょうか。

残念だけど今日は単独か。というわけで、7:10のウェーブでスタート。

最初は予想通り集団走行。というより、途中から25人くらいの大集団になってる、、、こりゃクルマの通行に障る、と思ったものの、いまはサイコンを切っている状態。コバンザメでないとはぐれそう。申しわけないけど誰か別の人が意図的に中切れを起こしてくれることを期待して走ります。で、そういうことをわかっている人はちゃんといて、なんとなく10人くらいずつの集団にばらけました。それでも多いんですけどね。

第1PC手前の交差点で、自分のいるグループが信号待ち。でも、1分経ち2分が経とうとしても青になる気配なし。ふと脇に目をやると、私の目の前に「歩行者自転車用押しボタン」がありました。わ、これ押さないとだめじゃん。というわけで、心の中で八奈見乗児の声まねをしつつ「ポチッとな」。ちょうどバスが来たのでそちらに感応したかもしれないけど、無事青になってスタート。

第1PCまでは団子状態なので、人が多い多い。そのなかで何度かご一緒しているykjumperさんにお声がけいただきます。初めて顔見知りのかたに会えて少し安心。しかし私がつい先に出発してしまい、そのあとはちょっとすれ違う程度になってしまいました(_ _)

第1PCを出た直後、すぐ後ろにクロサワさんが牽く列車が。どうぜ筑波山まで行くなら速いほうが。というわけで、思わず飛び乗ってしまいました。最後尾の私も入れて4人で、あっというまに不動峠への登り口まで。しかし、そこで2人のかたは完全にお見送りモード。クロサワさんがガシガシ行ってしまい、途中joinしてきた3人目のかたが追走するかたち。ふたりともすぐ見えなくなりました。

私はそこまでスピードは上げられないし、さりとて見送りを決め込むほどゆっくり行きたくもなし。なので少し負荷をかけた状態で上がっていきます。前回600でここを通ったときほど苦労はせず、まずは不動峠に到着。そしてそのまま左側に上り、風返し峠へ。最初スピードをやや上げ目にしていたこともあり、ここで落とすわけにもいかず、どんどんいきます。ほどなく峠に到着し、さらに左方向、つつじヶ丘まで。頂上付近でクロサワさんとすれ違い。スタッフの有人チェックを受けたあと、寒かったこともあってドリンクもアイスも買わずに即折り返し。ほんとはここでそれらを買ってお店に貢献することが推奨されていたのですが、だめな私、、、

さて、ここからしばらくはダウンヒル。GARMINの電源を入れ、振れている前輪を気づかいつつ、おっかなびっくり下ります。
次のピークは道祖神峠。前回途中で痛恨の足つきをしてしまい、今回はリベンジのつもりです。

今回は自転車自体は前回より2kgほど軽いし、サドルバッグも荷物も、そして自分自身若干減量してきたため、前回比で都合6kgは軽い状態。しかし、それでもかなり苦労してしまいました。
情けなく思いながら、またもそろりそろりと下ります。

その途中、猛然と私の脇をパスしていく人が。さっき不動峠でわしわし上っていった、クロサワ列車の3人目の乗客のかたでした。結局このあと、クロサワさん、そのかた、私、の順序がほぼ変わることなくゴールまで行くことになります。

仏の山峠も無事クリアし、PC2は、これまたすでにおなじみになった道の駅もてぎ傍のセブンイレブン。この時点で気温はメーター読みで28,8度。先週の猛烈な暑さにくらべれば天国のような気温ですが、それでも湿度が高くなっていることもあって食欲が湧かず。ドリンク以外はサンドウィッチとおにぎり、シュークリームくらいしか入りませんでした。
あ、食べ過ぎですか?w

PC2を出て、これまたおなじにみになったツインリンクもてぎ裏の急坂へ。ゆっくり上ってこなし、そうするうちに300kmの中間、150km地点も通過。この時点でスタートから7時間弱です。ひょっとすると、14時間以内で戻れるかな? 当初15時間以内が目標だったので、少し上方修正します。

今日の前半は北~東から向かいの風。予報では午後に風は弱まる由。でも実際は、さにあらず。ますます同じ方向から強い風が吹きつけます。つまり、後半戦はほとんど追い風状態。いつも夜中に通る鹿嶋までのルートを眺めつつ、わりあい楽ちんにPC3へ。途中一部で45km/h巡行で走れる区間もあり、これで大幅に時間を稼ぐことができました。
おかげで歩道走行推奨区間も車道を直進してしまい、気まずいのですが、、

その調子のままPC4まで。残りは60kmほど。出発時のブリーフィングで、今回のコース担当である副代表さんが「後半はフラットだからラクです」と仰ってましたが、案の定ジョークでした。60kmに対しての獲得上昇は400mほど。たしかにトータルの上昇量はわずか。でも300km換算では2000mです。終盤ですら、ふつうにアップダウンがあるんですよね。

というわけで、後半はさすがに疲れてしまいました。しかも一度南下したのを北上するため、もろに向かい風に泣く羽目に。

そんなこんなでようやくゴール。タイムは12時間43分でした。

先週走った唯一のBRM717宇都宮200kmは渋峠までで12時間55分でしたから、
今回の300kmはそれより12分ばかり速く着けた勘定です。300 より時間のかかる200って、、、

今日は追い風ベースでおおむねラクできましたが、それでもやはり先週のは斜度と猛暑に泣かされたんだなあ、とあらためて痛感した次第です。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

宇都宮と千葉の記事、楽しく拝見しました。お体、気をつけてください。
ウワンは、宇都宮はほとんど走れず力不足を実感しました。二日目完走ってやはりすごいですよ。
PBPも近づいてきましたが、よろしくお願いします。
リンクさせていただきました。

ウワンさん、こんにちは。
ろまんちっく村では同室、布団がお隣でしたねw でも、夜遅くなってもきちんと完走されたウワンさんも凄いです。あの三連戦では、ウワンさんはじめ、ほんとうにたくさんの方から良い刺激をいただきました。

PBPの方はほとんど準備しておらず、尻に火がついてきました。こちらこそよろしくお願いいたします!
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。