プロフィール

terra

Author:terra
SF好き。アウトドア好き。
ロードバイク物欲派。
レイ・カーツワイルの未来予測を支持するシンギュラリティ信者(笑)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011パリブレストパリ参加記1 準備

■8/18 準備

PBPに向け、旅の手配は当初セルフブッキングを考えていました。でも結局、ツアーに乗っからせていただくことに。7月まで準備に動かなかったため、安価な航空便がほぼ売り切れていたこと、自前とくらべてもさほどツアー料金が高いようには見えなかったことが理由です(実はこれにはちょっとした事実誤認があり、やはり自前の2倍近い値段に)。出発はスタート当日の2日前。主催者による自転車装備点検(検車)がスタート前日に行われるため、さらにその前日に着いておくという段取り。私は出発前日から休暇をとり、丸一日をかけて装備の最終確認とパッキングを。自転車はこんなかたちに分解し、航空機専用の輪行バッグへ。

荷物のサイズ超過を避けるためにシートポストを抜いたほか、このあとハンドルも分解。
From PBP2011

今回通常のブルベと少し違うのは、オダックスジャパン事務局独自の計らいで、有償でドロップバッグがお願いできること。着替えや補給食、補充の装備をあらかじめ預けておき、ルディアックというパリから440km地点まで運んでおいてもらう仕組み。復路も同じ場所を通るため、2回ドロップバッグを利用できるわけです。ほとんどの参加者は1個だけ預けていたようだけど、私は単純に往復で1回ずつ利用できるように、あらかじめ2個を依頼。

From PBP2011


何を持っていくか、何週間も吟味に吟味を重ねてきました。写真はその中身。バッグの中をごそごそ探って時間を無駄にしないよう、中身は両方とも同じに(中身のリストは出発前の準備リストを参照)。写真上の白いケースにこまごましたものを収納しておき、ケースごとフロントバッグに入れ替えれば補給完了、という算段。結局使わないものも多数あったわけですが、その学習を活かせる機会が来るかどうか。

パッキングしたところ、輪行バッグとスーツケースで合計の重さは27kg。規定では23kgの荷物が2個まで大丈夫。制限よりは断然軽いけど、やっぱり重い!

From PBP2011


■8/19 出発~到着

自宅最寄り駅からリムジンバスで成田空港まで。座席に落ち着いたところで、あることに気がつき、肝が冷えました。パスポートが自分のものなのか、全然確認していなかった…。もしも妻や娘のを持ってきていたらアウツ! どきどきしながらページを開くと、自分のブサ面が写っていてひと安心。ほっとしたついでに、そのあたりの顛末をiPhoneでツイート。今回はバックアップルートやスケジュール、緊急連絡先等々、一切合切をマイiPhoneに収めています。走行中なども逐一ツイートするつもり。

2時間をかけ、うとうとしている間にリムジンバスは成田に到着。空港のチェックインカウンターあたりでまたも異状に気がつきました。ほんの数分前まで使っていたiPhoneが見あたらない… チェックインの前に輪行バッグを開いたけど、そのときにバッグの中に落としてしまった?それともリムジンバスの中に置き忘れた?たぶん前者だろうと前向きに考え、そのまま搭乗ゲートへ。

余談:自転車の飛行機輪行について

これまで手回り品の縦・横・奥行きの合計が230cm以内であれば超過料金が発生しなかったのが、今年の4月から203cm以内に変更になりました。写真に写っているOstrichのOS-500は飛行機輪行用の人気商品ですが、旧規格対応の設計。私の場合は“遊び”部分を折って小さく纏めてみたものの、規定の203cmを数cmオーバー。結局往復でそれぞれ超過料金を請求され、行きが15,000円、帰りで104ユーロ請求されてしまいました今後新規格に対応した輪行バッグが出てくるかも知れませんが、自転車を203cmの寸法に収めるのは至難の技です。ひょっとすると飛行機輪行サイクリストから料金を徴収しようという、航空会社の意図があるかもしれませんね。また、先にチェックインした人は料金の請求をすり抜けたり、寸法を計る航空会社職員によってバッグのマチの部分だけ計り膨らみ部分は図らないというケースがあったりして、対応が一定していないところはどうにかして欲しいところです。


待合スペースにはすでに国内ブルベで知り合ったみなさんが複数いらして、お声がけいただきます。しかし、iPhoneがないことが気になっていて、うわの空。事情を話したところ、@atkamanoさんからMobileMeで探せば? とのアドバイス。なるほど! 自分のアカウントにログインすれば、PCブラウザーからiOSデバイスのありかを調べられるのでした。ロビーのインターネット端末を使い、Me.comにアクセスしてみます。しかし、空港のインターネットラウンジのPCに入っているブラウザーはバージョンが古すぎ、対応外とのエラーが出ます。すると親切なことに@ejitomさんがご自分のiPhoneを貸してくださったので、「Find My iPhone」アプリをApp Storeからダウンロードし、@ejitomさんのiPhoneから自機の現在地を確認してみます。しかし、双方のいずれかが圏外のようで調べられず。ここで時間切れとなり、そのままパリ行きの便に乗ってしまいました。

12時間ほどを機内でやり過ごし、シャルルドゴール空港に到着。ここでも再度無理をいい、くだんのアプリを使わせていただきます。すると、自分はパリにいるのに、なぜかマイiPhoneの現在地に新習志野の表示が… やはりリムジンバスに置き忘れてきたんだ…

思いつく限りのすべてのデータを放り込んであったiPhoneは、私にとって字義通りの「電脳」です。出走前の暇つぶしや走行中の情報交換でもあてにしていたのに。これまで携帯や財布を紛失したことがなかったため、はじめてのことにしばし呆然。しかしまあ、前回(4年前)開催されたパリブレストパリではスマートフォンはなかったわけだし、ここはきっぱり諦めなければ。家人にバス会社に連絡することよう依頼の電話だけ入れて、本日からしばらく世話になるホテルへツアーバスで移動します。

ツアーのホテルは選択制になっていて、私は深く考えることもなく、サンカンタン=イヴリンヌのスタート会場にいちばん近い宿を選んでいました。一方、空港からそこに至るまでの途中、たとえばベルサイユ宮殿そばのホテルなどで、みなさん次々降車。

ベルサイユ宮殿の目の前に建つプルマン。正統派のゴージャスなホテル。
From PBP2011


ひととおりのホテル外観を見てから、終着点の我が宿に辿り着いてみると、並外れてチープな印象。というより、ほとんど貧乏長屋の風情。クルマの駐車スペース1台分くらいの空間に、2段ベッドとシャワーブースを押し込んだのが客室です。そしてシャワーは安定してお湯が出ない。唯一長所だったのは、自転車を気楽に部屋や廊下に運び込んでメンテナンスができることくらい。前向きな見方をすると、各部屋は日本と他国の参加者で占められているため、廊下で賑やかに談笑していても咎められることがなかった点はよかったかも。私は結局相部屋を選択し、初対面の@8scaleさんと同室になりました。

私たちが泊まったホテルというより、安アパート?
From PBP2011


ホテルと呼ぶのも憚られるような宿の室内。上のベッドで寝るときは、天井に頭をぶつけないよう注意。
From PBP2011




相部屋の場合、室内でバイクを組み立てるのはほぼ絶望的。そんなとき、この通路が整備スペースとして活用されました
From PBP2011


関連記事
スポンサーサイト

Comment

一人なのに

何度となく頭ゴツンしました。

わかります!一人で下のベッドしか使わなくても、枕元に行こうとすると上の鉄棒に頭ぶつけるんですよね。イッテ!と頭を押さえて転がると、ちょうど目の先に「頭上注意!」みたいなムカつくイラストつきのステッカーが貼られてたりして。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。