プロフィール

terra

Author:terra
SF好き。アウトドア好き。
ロードバイク物欲派。
レイ・カーツワイルの未来予測を支持するシンギュラリティ信者(笑)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011パリブレストパリ参加記 4 出走当日

■8/21 いよいよ出走


フランス入りしてから3日目。ついに出走当日。しかし朝起きてみると、外はどんより暗雲が…?夜明け頃に雷雨があった模様。しかしこの数時間後には日本よりも暑いのでは、というほどの快晴に。
From PBP2011


スタートから440km地点のルディアック(Loudeac)に持っていってもらうドロップバッグを預ける時間。みなそれぞれに割り当てられた番号のステッカーを、同一規格のバッグに貼ります。
From PBP2011


これはまだ積み込む途中。最終的にはこれの4倍ほどのバッグの山が。
From PBP2011


ドロップバッグの積み込みも終わり、準備万端のマイバイク(ただしiPhoneを除く)。ほんとうはプロの自転車ショップで整備してもらいたかったけど、お盆休みの関係ですべてセルフメンテ。大丈夫なんだろうか。
From PBP2011

出走は本日の18時、制限時間90時間のグループ。PBPの制限時間は90時間で、そのほかに80時間、84時間などでスタート時間が分かれています。当然ながら、制限枠いっぱいの90時間はもっとも参加者の殺到する枠。従って、18時少し前に行っても出走が遅くなるのは必至。というわけで、3時間ほど前に並ぶことにしました。その前にまず、腹ごしらえ。会場近くのビュッフェでランチが提供されており、自分でも意識しない間に申し込んでいたようなので向かいます。

ビュッフェ会場の近くは全体がキャンピングカーの指定駐車エリア。フランス国内や近隣諸国から、こうしてキャンピングカーでやってくる参加者も多いようです。さすがは陸続きのヨーロッパ。待ち時間の間、木陰にテーブルを出してポーカーを楽しむ姿も見られました。
From PBP2011


ビュッフェ内の食事風景。PBPがスタートしてから気がつくわけですが、この風景、そして食事内容、すべて走行中のコントロールポイントとまったく同じです。違うのは汗だくの参加者が床に転がって寝ているかどうかだけ。このあとずっと同じ食事を食べ続けることになるとは、今はまだ気づきませんでした…
ここで唯一救われたのは、cafe_de_bossaさんやジュンジュンさんの食事に加えていただいたこと。
From PBP2011


食事も終わり、昨日も何度も来た会場に再び。ついに出走になります。実はこの時点で大きな手抜かりが発生していました。今夜は夜通し走るはずなのに、補給食を持ってきていないのです。

さっきのビュッフェでバゲットを1つもらってきたものの、それだけ。私が見たときは、バナナも品切れ状態でした。ほんとは午後早々、ホテルの隣のスーパーマーケットで買い出しをするつもりでした。なのに行ってみたら、午前で閉店済みという驚愕の事態。フランス人はなんて商売っ気がないんだろう。バゲット1個じゃ全然足りない。結局、会場脇の売店でパリブレスト(パリブレストパリにちなんで生まれたシュー生地のお菓子のほう)も買ってみたりしましたが、不安が残ります。途中行き会ったambassador_spockさんに何気なくそのことを話したら、あとで巨大なサンドイッチをわけていただきました。ありがたい。これでなんとかなる?

From PBP2011


スタート地点周辺では、賑やかにいろいろなイベントが開催中。
From PBP2011


子どもたちにも自転車の楽しみを知ってもらおうという意図がよく伝わってきます。
From PBP2011


これは我々90時間組より2時間スタートの速い、制限時間80時間組車列。もうまもなくスタート。熱気と緊張がここまで伝わってくる!
From PBP2011


車列を眺める人たち。彼らも私と同じような気持ちで眺めていることでしょう。
From PBP2011


観客も群がってきて、見ているだけで緊張してくる…
From PBP2011


しかし、めっちゃハイな人たちも。なんなんだ、あんたらは(笑)
From PBP2011


ギャラリーにはきれいなおねえさんも。
From PBP2011


しかしこんな暑いところにあと3時間も無理!と思っていたら、日本ブルベ界最古参のおひとり、井出マヤさんが鋭い嗅覚で、、、スタート地点により近い、そしてより涼しい場所を発見! 炎天下に並んでいた我々を先導してくださいました。うむ、これなら快適!
From PBP2011


フランスなのにバグパイプ?古風なミュージシャンたちも登場。
From PBP2011


そしてほどなく、この場所を嗅ぎつけた参加者たちが続々詰め掛け、通り抜けることもままならないほどの大渋滞に。
From PBP2011



我々一般的なロードバイクの前に、リカンベントやタンデムなどのスペシャルバイクが先にスタートします。日本でここまでの台数のスペシャルバイクを見かけることは絶対にありません。
From PBP2011


そしてトラックコースが開門!あっという間に18:00スタート組で埋め尽くされます。そして、またもや暑い…
From PBP2011


付き添いの奥さんも、おなかを丸出しするほどの暑さ。
From PBP2011


あと30分ほどかあ…ダレていたら、大きな日の丸をもった人たちが!
From PBP2011


From PBP2011


「百哩走大王」のメンバーさん?のようです。パリまで応援ですか!? 面識はないんですが、なんだか無闇に応援してくださいます(笑)
From PBP2011


あまり最前列にいると、速い脚の人たちに迷惑がかかると思って遠慮していたんですが、気づくと前から200番目くらいの位置に並んでいました。
From PBP2011


あと数分でスタート!うわ、むちゃくちゃ緊張してきた!
From PBP2011


ついにスタート、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
From PBP2011


関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。