プロフィール

Author:terra
SF好き。アウトドア好き。
ロードバイク物欲派。
レイ・カーツワイルの未来予測を支持するシンギュラリティ信者(笑)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011パリブレストパリ参加記 18 総括

総括というほどでもありませんが。
結局PBPを860km地点でリタイアしてしまい、後半は帰り着くまでに苦労したもののぐだぐだになってしまいました。

4年に一度開催されるパリブレストパリへの参加権を得るためには、通常ならば開催前年と当該年に200、300、400、600の各ブルベを1度以上走り、シュペール・ランドヌール(SR)の認定を得ることが条件でした。ところが、日本は国別に割り当てられた参加枠が参加希望者数を下回るのではないか?との懸念が出たのが一昨年暮れ。その関係で、3200kmを上限として“より多く走った人が優先権を得る”というイレギュラーな措置が発表されました。3,200km以上はいくら認定を受けてもカウントされないわけですが、逆にいうと“3,200kmが申込の最低ライン”といった見方もあらわれました。結果、PBPへの参加権を得るにはなんとしても3,200km以上の認定を得なければ、という風潮が出て、私の周囲のブルベ仲間は血相を変えて邁進したものです。

私もその一人でした。それまでは「年に2回ほど300kmを走って終わり」。それが突然、シーズン中は毎週のようにブルベブルベの状態です。400kmなんて人間が走れる距離とは思えない。まして600だの1,200だのなんて、想像すらできないよね。そう思っていた時期が、たしかに私にもありました。ところが立て続けに走ってみると、400も600も走れてしまう。とにかくペダルを踏み続けていれば、いつかついてしまう。とくに距離が伸びるにつれ、睡眠時間をどうするかといった計算や、ホテルをとって仮眠や洗濯をして、といった作戦も取れるようになります。どんどんエクストリーム度とおもしろさを深めていくんだなと開眼。人間、どこで変わるかわかりませんね。

昨年はシーズンを終えてみると、3,200kmの認定をクリアしただけでなく、4,900kmに。昨秋走った四国一周1,000kmは600kmブルベ換算になるため、実際は5,300kmを走ったのでした。結局、3,200km超の認定者は想定ほど増えず、SR取得だけでPBPに参加できるようになりました。しかしこれだけ走り込めたことは、自分にとって空前のできごとでした。ヘラヘラ走っていたなりに、一定の経験を積めたのは事実です。

次回のPBPは4年後。おそらくこれから日本のブルベ人口は増え続け、次回はほんとに洒落にならないくらいの狭き門になる可能性があります。そのときに参加できるかわからないので、今年は完走しておきたかった。それが本音です。でも全行程の4分の3未満で終わったとはいえ、今回を走れたのは大きな収穫であり、しあわせでした。

走り始めるまでは、PBPに出たら自転車趣味も達観して関心が冷めるのでは?との思いがありました。しかし戻ってきた今思うのは、ひと皮向けたというか、新しい場所からこの趣味を眺められるようになったことです。なんというか、ぐるりと一周して初心に戻ったというか、リセットボタンを押してもう一度スタートするような。そんな新鮮な気持ちでいることに、驚きを感じます。私よりはるかにお年を召した先輩男女が力走し、完走される姿を目の当たりにして、この尽きせぬ魅力こそが自転車なんだろう、とも感じます。


そうそう、脚のほうは、帰国即完治、というわけには行っていません。今のところ、LSDで60km走ったところ大丈夫そう。でも、ジテツーで25kmを急いで走ると、PBPでやったのとは違う側の膝までなんだか怪しい。そんな状態です。当面は月末お邪魔する予定のオダックス福岡主催のFleche(フレッシュ)で膝が爆発しないかがいちばんの懸念。しかし、それを乗り越えてこそ「すべては自己責任」のブルベだし、自立した自転車乗りなんだろうと思い定めています。そしてそれをクリアして、次回のPBP。あるいは、国内外の他の超ロングライドイベントに出てみたい。そんなふうに考えています。

…いやもう、当初の想定より大幅に長くなってしまいました。ここまでおつきあいいただいたみなさん、ありがとうございました。自転車で長距離なんてありえない、というかたにとっても、これがなにかのきっかけになるとうれしいです。

それではまた、どこかの道中でお目にかかりましょう!


From PBP2011
関連記事
スポンサーサイト

Comment

リスペクト!

本当にお疲れさまでした。
DNFや脚を痛められた事は知らなかったので、本当にドキドキしながら読ませていただきました。
しかし立派な成績じゃないですか。完走できなかった事で得る事も多かったのでは。
リタイア後の珍道中的なお話も楽しかったですよ。自分もいつかはフランスを自転車旅行したいと思ってるので、とても興味深かったです。
しかし、ロングライドの世界は深いですな。まさに自転車の神髄。いやはや。

お疲れ様でした~

お疲れ様でした~
兎に角無事に帰ってこれたので無問題でしょう(^^;

捲土重来 楽しみにしています・・・4年間(*ノェノ)

No title

@wigglingさん、こんにちは。コメントいただけて、光栄です。

いくら途中まで調子がよくても「完走してこそ」だと思っています。ただ仰せの通り、DNF前後に蓄積した経験の方が今後に活かせそうな気はします。

今回日本から行かれたかたでは、長期滞在でガリビエ峠やラルプ=デュエズまで脚を伸ばしたり、あるいはヨーロッパ一周数万キロ、獲得上昇40,000mとか、桁違いのかたもいらっしゃって。PBPが物見遊山に見えてしまいます。ほんとに奥が深いですね。

RE:お疲れ様でした~

琳太郎Papaさん、コメントありがとうございます。

膝がね~どのくらいの距離で再発するのか、がちょっと怖いです。
750kmまで大丈夫、などとわかっていればいいんですが、かなり閾値が下がったっぽい。下旬のFlecheでみんなの脚を引っ張ってしまわないか、それが今最大の懸念事項です。というのも、5人チームのうち、私以外全員が今回PBPを完走されていますので、、

ともあれ、房総方面にまたおじゃまさせてください。
こないだ流れた古参とヘンタイイベントも楽しみにしています。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。