プロフィール

terra

Author:terra
SF好き。アウトドア好き。
ロードバイク物欲派。
レイ・カーツワイルの未来予測を支持するシンギュラリティ信者(笑)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車とシンギュラリティ

私が自転車好きになったきっかけは、ちょっと変わっているかもしれない。
高校の頃のSF映画で、舞台が未来であるにもかかわらず、ごく自然に自転車が交通手段として使われているのを見てからだ。

その頃の未来の乗り物といえば、ブレードランナーのスピナーやスターウォーズのランドスピーダーなど、反重力を利用したような、オーバーテクノロジーな代物ばかりだった。

一方でくだんの映画は、近未来とはいえとても地に足がついており、自転車を立派な交通機関としてフィーチャーしていた。当時としてはきわめて斬新なエコへの気配り。そのリアルさにやられた厨房の私は、すっかり「未来=自転車!」と刷り込まれてしまったのだった。

劇中に登場した自転車は、主人公のクリストファー・ウォーケンが通勤の足に使っていたリカンベントだった。

たぶんウィンドチーター社製だったのでは? 当時すでに実在していた商品だったようなのだが、それすら知らない身に、地べたを這うトライクルスタイルは衝撃的だった。

実はリカンベントは、自動車を凌ぐスピードで巡航することも可能という。まさにそういったポテンシャルを感じさせるたたずまいだった。

2007年型のウインドチーター「HyperSport」
2007年型のウインドチーター「HyperSport」

結局、現在使っている自転車はリカンベントではなくロードバイクだけれど。クルマからの被視認性や登坂のきつさ、回転半径の大きさなどにひるんでいるからだ。しかし日本の道路事情が改善された暁には、ぜひ使ってみたいと考えている。

ところで、先のSF映画というのは、「ブレインストーム」だ。
作中のブレインストームは、人間の五感を記録する全感覚体験装置の名称で、五感にとどまらず、思考や記憶まで記録できることになっている。現実に脳をスキャンするには、最終的には脳血管にナノマシンを放つ方式なのだろうが、初期にはこれに近い装置が利用されるのかも知れない。

「ブレインストーム」
「ブレインストーム」

同僚研究員の死を追体験する際、心拍数のトレースや痛覚チャネルのみを閉止するところに、妙なリアルさが漂っていた。また、ストーリー冒頭に登場するブレインストーム装置は、パッケージ写真の通りえらく巨大で無骨そのもののだった。背後に引きずる強制冷却のパイプ群が冷気を吹き上げるさまは、のちの「アキラ」のデュワー室を思い起こさせる。

ところが、ストーリー後半に登場した普及型ブレインストームは、プラスティックのヘッドホン状。いかにも軽そうだ。見た目はオーディオプレーヤーのそれとまったく変わりがない。加速するテクノロジー

を四半世紀も前に描いている様子は、現在も評価されてよいのではないだろうか。

肝心のストーリーの方は、正直なところ劇的な盛り上がりには乏しい。しかし、かといって破綻もなく、きちんと感動のラストが用意された佳品。

これだけ良心的にまっとうな未来を描いた作品は貴重だ。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。