プロフィール

Author:terra
SF好き。アウトドア好き。
ロードバイク物欲派。
レイ・カーツワイルの未来予測を支持するシンギュラリティ信者(笑)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルベの小ネタ:雨天時の装備について

昨日のBRM310千葉300km 銚子 は久々の雨ブルベでした。いろいろ至らない点が多かったので、忘れないうちに反省用にメモしておきます。多少なりと他の方の参考にもなれば幸いです。
(これからも随時アップデートしていきます)

・ウエア(上)
 いまのところ、モンベルの「GORE-TEX サイクルレイン ジャケット」がマイベスト。脇下のベンチレーターを開閉すれば内側に熱や湿気がこもっても、むれにくいし防寒にも役立ちます。PBPでは大いに助けられましたし、昨日もやはり3分の1くらいの方が着用していました。
 http://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1130267

・ウエア(下)
 というわけでパンツも同じシリーズの「GORE-TEX サイクルレイン パンツ」がいいのでしょう。でも、上下揃えるとレインウェアだけで5万円かあ…ということで、一度ケチくさく「スーパーストレッチサイクルレイン パンツ」を買っちゃたんですよねえ。防水性能はさほど文句はなかったけど、店頭にサイズがなくてひとつ大きなサイズにしたのがダメでした。ウエストがぶかぶか。漕いでる間にどんどんずり下がってきてもうたいへん。レーパンと色違いだと、半ケツみたいw

 というわけで結局、いまはGORE BIKE WEARのこれ使ってます↓
 http://www.wiggle.co.uk/ja/gore-bike-wear-alp-x-gt-lady-pants/
 レディースなんだけど、ウエストぴったり。ちょっとローライズ気味で、股上浅いかな。なのに股下が数cm長すぎるのと、裾幅も数cm理想より大きすぎるのはアレですが。とにかく価格が上記モンベルの半額というのが大きい。
しかし、結局これとスーパーストレッチの金額を足すと、モンベルのゴアパンツより高かったというorz)

 ところでそのゴアバイクウェアのレディース品ですが、防水性能はまあ文句ありません。ただしいくらゴアテックスとはいえ、10時間も雨の中こぎ続けてると、じんわり浸みてくるのか湿気が籠もってくるのか?レーパンのパッドも少々湿ってきました。結果、220km地点あたりからオケツが擦れてアイタタタ。「300だし、いっか」と思ってたけど、ワセリンかシャミークリームでも擦り込んでおけばよかった。

--
※2014/5/8追記
 ゴアテックスといえども、数百kmを大雨に降られながら進むと内部まで必ずびしょ濡れになります。
 これはもう必然といえるでしょう。ただ、エバニューのNIKWAXというシリーズに、透湿防水ウェア、つまりゴアテックスなどに向けた撥水剤が出ていて、これが効果的というのを古参ブルベライダーの書き込みで拝見しました。

たぶんこれ?→http://www.yodobashi.com/ec/product/100000001001863379/index.html

最近まったく自転車から遠ざかってしまっているので実地に試せていないのですが、試しに私も買っておこうと思います。
--

・ソックス
 ご存じ防水ソックスの「SealSkinz」を履いてました。これ、暑い季節は自分の汗で内側がぐしょぐしょになって意味がないんですが、昨日みたいな気温2度~5度のブルベなら大丈夫。…かと思っていたら…やっぱり同様でしたorz 汗なのかなあ、それとも数万回ペダリングしている間に内部に浸水してきたのか。

 種類の選択が悪かったかのかな? もっときちんと選ぶべきでした。
 http://www.wiggle.co.uk/ja/socks-waterproof/

 というわけで、シューズの中はこのソックス、そして外側にはレインカバーをつけていました。冷たくはなかったけど、つま先が湿って不快…

・グラブ
 今回、完全に対応不足(笑)メーカー不明、どこで買ったかも忘れたくらいのいい加減な防水グラブを持ってるんですが、ハンドルに置いた手のひらから、圧力でどんどん浸みてくるんですよね。

 というわけでダメ元で台所用の薄いゴム手袋を着け、その上にこの防水グローブをしたところ、案の定ダメダメ(笑)ゴム手袋が汗でぐっしょりです。でも他にも交換用のグラブは3種類もっていたので(薄い軍手含む)、夜に入って雨がやんでからは、適宜通常の冬用グラブなどに交換して事なきを得ました。

・ヘルメット
 いつもシャワーキャップを使っていて、今回も序盤被っていました。でもよく考えれば、モンベルのサイクルレインジャケットはフード付き。これをすっぽり被ってからヘルメットをつければ、ノーケアでよかったんですよね。

結局いらない子だった昨日のシャワーキャップは、あるじの意図を察したのか、利根川べりを走行中に横殴りの暴風で飛ばされていきましたorz

・サドルバッグ
 これはもう、オルトリーブのLサイズ一択です。リクセンカウルのコントアーは重いというのもあるけれど、初めから雨が降るとわかっているときは防水カバーいらずのこちらがベスト。
 ご参考まで、Carradice(キャラダイス)の「SQR SLIM」というサドルバッグも買って試しましたが、防水はともかく自重ですでに1kgを超えているので、私の場合はナシですorz
http://item.rakuten.co.jp/s-stage/pa_carradice_sqr_slim/

・フロントバッグ
 こちらもオルトリーブのUltimate 5 Plus。雨以外でも愛用しています。

 それはサイズでかすぎるからモンベルの「サイクルフロントバッグ」の方がいいよ、という意見もあります。でも、私はサイクルフロントバッグは1年半使ってやめました。まずもって防水性がゼロ。なので雨の時はオプションのカバーが必須であること(しかも完全に本体を覆えないorz)、そして普段使いでも脱着が面倒なことが挙げられます。そして、私の自転車だけかもしれませんが、ブレーキケーブルと干渉して生地に穴が空いてしまった点もダメでした。

 その点、雨が降っているときのUltimate 5の心強さは最強です。やはりフロントバッグはサドルバッグと違い、前についているだけあって、ぱっと自転車をとめてササッと出せるのが便利。ここに放り込んでおけば、小物類の防水は一切考えなくてもいいというのも利点です。

 ※余談1 フロントバッグは、坂を上るときにもやや有利です。少しだけど前方荷重になり、重心が前に来るからです。逆に坂を下るときはその点がマイナスになりますが、その分着座位置をサドルの後方にすればOK。
 
 ※余談2 OrtliebのフロントバッグはUltimate 5 PlusでなくUltimate 5 で十分です。Plusはサイドポケットがついてるけど、その容量が小さすぎてほとんど意味がない…

・サイクルコンピュータ
 GARMINのEdge800が出て以来愛用しています。が、USBポートのキャップ部分の締まりが悪いのがこの製品の欠点。なのでそうした開口部は雨天の際、養生テープを巻いて防水処理しています。

 長時間ライドではUSB給電が必須になりますが、今回ここには神経を使いました。USBケーブル回りも養生テープでくるみ、eneloopのモバイルブースターは前出のUltimate 5に入れていました。

・ライト類
 フロントライトはいつもの18650を使う3Wライトを2灯。防水度は高く浸水したことはありませんが、念には念を入れてネジ部にはOリングを1枚よぶんに噛ませ、多めにグリスアップしています。

 リアライトは2、3個つけますがw、まずはIPF社のX-tail。(http://www.ipf-bike.com/tail.html)これはほんとに防水性が高く、台風中心部が直撃したときでも浸水なしで安心。単に取り付けるだけでOKです。あと、あまり好きではないキャットアイ製品からを、オルトリーブのサドルバッグの留め具に水平に取り付けています。これは浸水します。キャットアイって、どれもこれも降雨時のことは考慮したふりしかしていないんですよね。何度も信じては裏切られています。

 余談ですが、キャットアイのLEDが横一列に並んだライトをシートステーにつけている人が多いですよね。アタッチメントを加工するなどしてほぼ水平につけている人はさすがですが、ステーと平行、つまり斜め上方向きに取り付けている人には、もっと角度のことに注意を払って欲しいものです。背後に着くと、直接目を射る角度で眩しくてしょうがないんですよね。

 そういう角度だから、後続のクルマにはあまりアピールしていないだろうな、といつも気になります。

・チェーン
 長時間雨中走行すると、雨が上がったときにキュルキュル音鳴りしがち。これはうるさいだけでなくチェーンの消耗も早めるし、変速性能も落とすので、雨天専用の粘度の高いルブリカントをつけます。でも、それでも結局乾くと音鳴りしちゃうんですよね。なので夜に入ってから小型の容器から再度注油しました。→小型の容器は、百円ショップで売っているソース容器が最適です。ボトル一本持っていくのは阿呆らしいですよね。

・バーテープ
 コルク状のバーテープって水を吸うのでは!?ということで、ここにも乳白色半透明の養生テープを巻いていました。
 @eijitomさんははサランラップを巻いてテープで留めておられたようです。そちらの方が美観も実用度も上。これからはそうしよう。

・そして最後に
やはり泥よけ、マッドガードは必須です。私の場合、雨のときはダウンチューブの太いバイクを使うので、フロントは撥ねが少なく泥よけはつけていません。しかし後方は必須!背中から尻まで水や泥が跳ねるし、後続のサイクリストにも迷惑なことこのうえなし。「なら車間距離空ければいいだろ、このWheel Sucker!」と言われそうですが、昨日なんかは10m離れていても飛沫が飛んできましたしorz
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。