プロフィール

terra

Author:terra
SF好き。アウトドア好き。
ロードバイク物欲派。
レイ・カーツワイルの未来予測を支持するシンギュラリティ信者(笑)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乗車ポジション追記

3/19の記事について、かつて「やまめの学校」を受講されたピクサーさんよりご指摘をいただきました。(ありがとうございます! >ピクサーさん)

というわけで、追加項目です。それらの理由については、あまり書きすぎると堂城さんに失礼でしょうし、あえてはしょっています。相変わらず自転車の常識を覆すような刺激的表現でごめんなさい。これらの項目は最新のものではないこと、私の文責で事実誤認も含まれている畏れ大のため、詳細はぜひ、やまめの学校を受講してということで!


・クリート位置は母指球直下よりも土踏まず寄りに!
・サドルは極限まで後ろに!
・クランクは標準とされているサイズよりも長く!
・クランクは回転させると云うより、膝下の骨に体重を載せてまっすぐ踏みおろす感覚で!

・でもBBからサドル中央までの高さ係数は一般的な「股下長×0.885」でOK

おまけで、

・コーナリングはリーンインでもリーンウィズでもなく、リーンアウトで!


というわけで、私もサドルをさらに8mmほど後退させ(レールに記されたmaxラインを少し超えましたが、保持に影響はないだろうと自己責任)、クリートも思い切り後ろ寄りにしてみました。結果は…総体として、一気にサドルが2cmほど高くなったような感覚(^^ ;

昨日茨城県守谷市にあるドイツ料理店「ハンスホルベック」までのアポなしランチライド乱入(爆)で100km走ったけど、正直なところ、これで楽になったのかどうかはまだまだ未知数。ただ、上記の乗り方で(いつもの回転型を変えて)踏みまくった割に、膝痛みほとんど発生しませんでした。

やはり効果はありそうなので、もう少しこのポジションで様子を見ようと思います。








関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。