プロフィール

terra

Author:terra
SF好き。アウトドア好き。
ロードバイク物欲派。
レイ・カーツワイルの未来予測を支持するシンギュラリティ信者(笑)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BRM929近畿600km 紀伊半島一周その1(前日~22km地点)

BRM929近畿600km紀伊半島一周(前日~25km地点)

オダックス近畿殿のほぼ定番といえるこのコース。
房総半島一周(千葉400)、北海道一周(パラダイスウィーク)、四国一周(近畿1000km)など、一周系が大好物で、これもいちどは参加してみたかった。このところフトコロ事情がお寒いかぎりで、遠征するのは躊躇われたけれど、9月10月にエントリーしていたBRMを大量DNSして(関係者の皆さんごめんなさい)家族を説得。諦めかけていたけど、無事参加の運びに。


羽田から関空まで飛行機輪行。移動中はそれはもう、いい天気。


集合場所は関西空港から泉佐野側に渡ったりんくうタウンエリア。朝7時スタートのため、関東からはどうしても前日入りしておかなければならない。実は私の実家は和歌山市にあり、スタート地点までの交通手段を調べてみると、実家から幹線道経由でジャスト30km。これなら自転車で自走できそう。ブルベを始める前は自転車で実家〜りんくうタウンなんて想像の埒外だったけど、埼玉や青葉主催のブルベなど、そのくらいの距離はたまに自走したりもしている。全然OKじゃん。というわけで、当日は朝まだ暗い4:45に実家を出発。自転車でりんくうタウンまで。

和歌山城のお堀端を通り、紀ノ川を渡る。標高150m未満の孝子(きょうし)峠を超え、みさき公園前をかすめる。このあたり、子供の頃は遠足で来たんだよね。まさか中年になってこんなことをしているとは。感慨に浸りながら、6時少し前に集合地点に到着。思いのほか早く着いてしまい、出走受付は第一号。





スタッフ各位には、他地域のブルベでお見かけしたお顔もちらほら。そこそこ土地鑑はあるし、アウェイ感はあまり感じず。でも、一緒に走る人は誰も見知った顔が見あたらず…

今回は先週前半の好天予報から大きく崩れ、台風17号の直撃が予測されるという悪天候。早くゴールしないと、暴風雨のなかを走る羽目になる。ブリーフィングでも“早く帰ってくるか、途中でDNFすることをおすすめします”などと案内が。DNF推奨なんて聞いたことがなかったのでいささか萎縮してしまう。





そんなこんなで、7時頃に車検を受けて出発。今のところ雨の気配はなく、やや追い風気味で走行はなんの問題もない。

数キロは平坦な海岸沿いを走り、10kmあたりから徐々に山間部へ。付近の駅名も山中渓だったり。高校のころはヘタレ登山部員で、このあたりにザックを背負って練習に来てたなあ。当時このあたりの山のことを「紀泉アルプス」と称してたけど、正式名称だったのかしらん。標高200mの雄の山峠を通過。ここからの下りは斜度12%前後と急坂。しかも幅員が狭いのに自動車の往来が多く、帰りのことを考えては憂鬱になりながらダウンヒル。

そして勢いよく下るあまり、左折ポイントに気づかず本日最初のミスコース。先行して信号待ちしていた1番手と2番手の方に、頭をかきかき側方の別ルートから合流。

と、ここでトラブル発覚。愛用のEdge800は給電専用のケーブルを破損して長く経つため、バッテリー節約のため電源を落としたまま走っていた。さっきミスコースしたし、一度つけてみようか。…そうしたら、ルートが表示されない。あれ?なんで?GPXファイルはきちんと読み込まれている様子。AJ近畿公式のデータを入れたのに、原因不明。試しに、ルート後半が別ファイルになっていたのでこちらも表示させると…ああよかった。直ったみたい。なぜ突然直ったのか、これも原因不明だけど、まあ結果オーライと云うことで。

(実は全然直っていなかったことが、しばらくのちに判明)

ところが、20kmを過ぎて紀ノ川を渡り、JR布施屋駅脇の路地を過ぎたあたりでまたも異変が… 先行するお二人が確信に満ちた様子で走っていく。けれど、そっちはルートから外れてる!
曲がりくねった路地で、声を掛ける間もなく視界から消えてしまった。しかも、この路地は正規ルートから随分外れてしまってるし…。ともあれ、まずはルートに復帰しなければ。ほとんど行き当たりばったりで民家の裏道をかすめて走り、ようやく川縁の幹線道路へ。そして、またも大きな橋で紀ノ川を渡る…

もと和歌山市民として、ここでおかしいと気づくべきだった。紀ノ川はこんなところで分岐していない。なぜ2回渡る時点でなんのギモンも持たなかったのか。橋を渡り終えたところで、反対車線を反射ベストの自転車集団が走り去って行く。あれ?この地域で別のブルベが?と一瞬思ったけれど、自分がルートを逆走してきたんだと、ようやく気づいた。さっき渡ってきた橋、全然気がつかなかったけど…15分ほど前にも走ってた…orz

焦ってUターンし、猛然と前方の集団に追いつく。そして、気まずさをごまかすように猛スピードで挨拶しつつパス。なんで逆送なんかしてしまったんだろう。今度は間違えないようにしなければ。

先ほど通ったJR布施屋駅脇のルートを、GPSを確認しながら今度は左に折れる。今度は大丈夫。きちんとルート通り。前方の2人とは5km以上、時間にして15分は差がついてしまっているけど、急げばひょっとすると追いつくかも…

幹線道路に出て、一路東へ。ここでまたしゃかりきに3km以上漕いだところで、異変に気づく。…あれ?また紀ノ川が見えてきた…しかも、東に向かってる? 東ってなんだよ。紀伊半島を反時計回りに一周するんだから、まずは南下するはずなのに?

ここでようやく、原因に思い至る。さっきGPSのルートが正常に表示されたと喜んでいたけれど、それは勘違いだった。表なんらかの理由で往路ルートのファイルが壊れており、表示できたと思ったのは復路のファイルだった。東、つまり奈良の方向からゴールに戻る後半のファイルを前半のルートと勘違いして、それを逆方向辿ってきたというわけ。

ああ、やってしまった!

さっき間違って逆走していた時点で、すでにミスコース5km。そしていまは正規ルートから3.5km以上外れてしまった。戻って復帰すると往復なので7km。合計12km。スタートから22km地点なのに、すでに12kmもミスコースしてしまった…

もう、DNFして実家に帰ってしまいたくなるほどがっくり。
来たばかりの道を、悄然としながら辿り直して復帰。

結局前半、というよりPC4までの348km分のルートデータがない状態で走らなければならないことに。もっとも、以前こうした痛い目に遭っているため、自分なりにアレンジしたコマ図をフロントバッグに装着済み。なんとか走れるだろうけど、ルート上に占める自車位置が確認できないのはなにかと不安…

というわけで、そこから先はコマ図と首っ引きで走行することに。まあ、それが本来のブルベなんだろうけど…
スタートして22km地点で、いきなりピンチ。



明日の台風上陸までに、果たして無事に帰ってこれるのかっ!?



(つづく?)
関連記事
スポンサーサイト

Comment

はじめまして。
紀伊半島一周参加者です。私も公式ルートラボを流し込みましたがデータが入ってませんでした(^^;;
Edgeが壊れたのかと思ってましたが違うようですね・・安心しました。私もYahooブログで「 ものぐさ自転車人の挑戦」というブログやってます。そのうちに紀伊半島走行記も書くつもりです。また寄らせて頂きます。

Re: タイトルなし

ジロウさん、コメントありがとうございます。

やはりデータの不具合だったのですね。実は走行中ご一緒した方もそのように仰せだったので、
3例揃うとさすがに公式のルート側の問題と確定できそうですね。
しかも、これを書きながら気づいたのですが、コマ図やキューシートとも何カ所か違っているという(^^ ;
やはりこのあたりは自己責任なので、公式といえど盲信しないことでしょうか。
ブログの方も楽しみにしています。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。