プロフィール

terra

Author:terra
SF好き。アウトドア好き。
ロードバイク物欲派。
レイ・カーツワイルの未来予測を支持するシンギュラリティ信者(笑)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BRM929近畿600km 紀伊半島一周その3(~ゴール)

洗濯中にうとうとし、止まったら洗濯物を乾燥機に入れ替え。いろいろ逆算すると1時間30分は滞在していたので、1時間と少し、仮眠をとった勘定だろうか。もちろん風呂にも入れないし寝不足だしでパフォーマンスは悪いけど、ほんの少し持ち直したので再スタート。20km弱を進み、2:45に385km地点のPC4、ファミリーマート志摩磯部店に到着。先ほどのファミマから、正確には11.1kmしか離れていない。なのに2時間ちょうどかかっていてがっくり。ちゃんと寝た!というさっぱり感が全然ないのに、時間だけが過ぎている。

ここで1つだけ、うれしいことが。これまで往路のルートファイルが役に立たずGPSも意味がなかったのが、後半のルートファイルがカバーする地点まで来ることができた。後半のファイルはデータとしては正常なので、ようやくルートを表示できるようになった次第。これでコースミスは激減するはず…!

お客は私だけ、店員はひとりという淋しいファミマをあとにして、次はやたらに近い、9.8km先の通過チェックとなるサークルKへ。20分ちょっとで到着すると、見知った顔が…私よりも後からスタートしたガクさんたち。ガクさんはまんぺいさん(@manpei01)とずっと走ってきたそうで、私ははじめまして。

手早く補給をし、入れ違いに出発されたお二人を追いかける。400km地点を通過し、さらに数キロ走り、鳥羽水族館のあたりでキャッチアップ。しばらくご一緒することに。

伊勢市に入り、417km地点で伊勢神宮の外宮前を通過。このあたりでなんとなくの流れで私が先頭に。でも、再び眠気がぶり返してきて、気づくともう、極端にスピードが落ちている。うとうとと半ば眠りながら、20km/h程度で進む(危険すぎるので絶対に意識的にはやってないつもりだけど、どうも私は居眠り運転でもまっすぐに走れるようです)。おふたりともスタミナがあり余っているらしいのにペースを合わせてくれて、ほんとうに申しわけない。

ほんの少し雨がぱらつく中、439.6km、PC5 サークルK勢和多気店に到着。買い物をして出てくると雨は止んでおり、東の空がバラ色に染まっていた。居眠り走行していたからなんだけど、今回はPC間の平均時速はわずか18km/h…。そして、残りは187km。このペースが続くと、帰りはやはり15時過ぎか。そうすると、台風の直撃は避けられても、豪雨には巻き込まれるだろう。またもモチベーションが落ちている。ぐずぐずと補給し、軽量化している間にお二人は先に出発され、再びひとり旅。

軽いアップダウンを繰り返したあと、ここから本ブルベのメインディッシュ、高見トンネルまでの上り。標高は633mしかないので本来の難易度は低い…はず。でも、7月頃どころか、去年の今頃よりも断然弱くなっている。再びぽつぽつと降ってくる中、情けないペースで少しずつ上っていく。

トンネルよりもずっと手前、先ほどのPCから20kmあたりで道の駅飯高で有人チェック。お、と足を止めると、先行したはずのガクさんもいらした。スタッフの方から、「たぶんおふたりは嵐に遭わずに帰れるだろうけど、早めに峠は越えるように」との注意をいただく。またも焦ってしまう。峠や台風のことばかり気にして、無情にもペースが若干落ち気味のガクさんをほったらかしにして、ひとりで先行。

ここから先は本当に余裕なし。斜度も一貫して6%程度なのに、全然思った通りのスピードが出ない。ゆっくり、じわじわ。息荒く進行方向に目を向けると、見上げるほど高い場所にループ橋。そうか、あんなところまで上るのね…一漕ぎ一漕ぎ意識しながら延々と。なさけない、これしきでこんなに苦労するとは。這うようにして、ようやくてっぺんの高見トンネル入口に到着。490.5km、標高633m。

さ、あとは下り基調! と思いきや、長いトンネル内も中間地点までは上りが続く。トンネル内の気温差からか、なま温かい風が正面から吹き下ろしてくるのもつらい。最後のカラ元気でクリアすると、ようやく下り。もう、ずっと下り。せっかく積み上げた位置エネルギーを使い、十数キロkm連続の下り。トンネルを出て次の左折ポイントまでの10kmは、時速50km/hに近い。その先は旧伊勢街道というのか、明治大正の町並みが残る通り。杉林の川べりを快適に下り、吉野川沿いをゆるやかにアップダウン。

以降の区間は市街地の裏通りの雰囲気で、あまり印象がない。しかし、信号待ちで停車すると、途端に雨が腕や顔に降りかかる。低気圧の前線から逃げるように40kmを走り、奈良県五條市のPC6、サークルK五条病院前店に到着。543.2km地点。ここも有人チェックで、スタッフに確認のサインをいただく。いただくうちに、雨がついに本降りになる。あれま。追いつかれたか…。そこで急げばよかったのに、さらに補給に時間をかけてしまい、強くなった雨脚のなかを覚悟して出発する。ゴールまではあと69km。

事前の予想では、三重の海岸から奈良方面へ西進する際、常に強い追い風で背中を押されて楽できるはずだった。でも実際はそんなことはならず。それがここに来て、つまり奈良から和歌山の県境を過ぎ、吉野川が紀ノ川に呼び名が変わったあたりから、少し追い風気味になってきた。貧脚なりに巡航速度はらくに時速32~35km。先ほどのPCで、雨に備えてビニール袋でソックスとシューズを二重にくるみ、ビニールテープで密閉してきた。なので靴への浸水を気にすることなく水たまりを突っ切っれる。対向車が盛大に水しぶきを上げても、もはや気にならない。調子に乗って飛ばしていると、574km地点あたりでまんぺいさんに再び合流。ふたりで雨についてぼやきながら、ご一緒する。

589.4km地点、最後の通過チェック地点のローソン和歌山大垣内店。結構な距離を大雨に降られ続けたため、ふたりとも上から下までずぶ濡れになっている。靴への浸水対策も効果がなくなってしまった。停車すると、打ちつける雨に体温が奪われ、がくがくと震えてしまう。そんなわけで、まんぺいさんには「買うのはブラックサンダー程度にしましょう」と声を掛け、滞在時間わずか数十秒で、ただちに出発。残り22.8km。時間にすると到着まで1時間くらいか。しかし敷地を出た途端、これまでの大雨が霧雨程度に思えるほどの豪雨になる。文字通り、叩きつける勢い。時間は正午前。台風本体は上陸していなくても、ついに先がけの暴風雨圏内に入ってしまったらしい。

こんな時間に外を歩いている人はもちろん皆無。クルマの往来も台風を避け、激減している。往路で間違って2回通った因縁の川辺橋をもう一度渡り、北岸へ。土手で信号待ちしていると暴風で体温が奪われ、自転車もなぎ倒されそう。SPDのクリートなので足をつくと滑る程度だが、ロード用のクリートなら足元をすくわれて、立っていられないだろう。

車道走行では飛ばされると命にかかわるので、しかたなく幅広の歩道を走行。裏通りに出て、雄の山峠までの登坂区間に入る。余談ながら、信号のない峠区間を除き、最後のPCからひとつひとつの信号にことごとくひっかかってしまった。待ち時間も通常より長く感じられた。単に暴風のためペースが落ちていたからなんだろうけど、それこそ、なにかの悪意を感じるくらい。

そうして最後のヤマ場、雄の山峠。標高差にして200弱に過ぎないけれど、往路で懸念したとおりの激坂区間。加えて、上から吹き下ろしてくる暴風。唯一の救いは、台風の影響で昨日ほどクルマの往来がないことだろうか。瞬間的に突風がたたきつけてくるため、左の路肩から反対車線の路肩まで、吹っ飛ぶように押し流される。そうならないように、左端へ左端へと、死ぬ思いでペダルを踏みつける。ちなみに、左側イコール谷側。これだけ出力を上げていると、突然風がやんだら、勢いでガケから転落しかねない。心拍ベルトは外していたが、間違いなく、ここ2年ほどで最高値の心拍数だったと思う。自分のへたれっぷりに暗然としながら、ペースを合わせて上ってくれるまんぺいさんについて行く。

ようやく峠を登り切り、クランクを猛回転させながら坂を下る。これはスピードに乗るためではなく、せめてジャイロ効果で車体が安定しないかと期待してのこと。

しばらく阪和線沿いに走り、604km地点、JR和泉鳥取駅付近で大阪湾方面に転進。平地に下りて来ると、ますます風が激しい。まんぺいさんに注意を促され、顔を上げると、頭上の四畳半ほどの巨大標識がぶわあっ…と舞い上がっている。街路樹だけでなく、信号柱もぐわんぐわんと揺れている。こんな状況で走っているなんて、どうかしている。そばをかすめるクルマから、あきれかえった視線が飛んでくる。

アタマがおかしいって? わかってるよ! これでも急いで帰ってる途中なんだから!ヽ(`Д´)ノ

南海本線をくぐり、左手に海が見えてくる。りんくうタウンに続く海岸沿いの道に入る。流水に覆われてGPSの画面はほとんど見えなくなっているけど、残りあと4km。これまでと違い、もはや風を遮るものは路肩の細い手すりしかない。暴風雨はもう、筆舌に尽くしがたいレベル。ラピュタにたとえると、ついに龍の巣に突っ込んだところだ。先ほどから大通りを走っていたけれど、もはや車道走行は完全に論外。ふたたび歩道に避難している。まっすぐには走れず、横に飛ばされた際のマージンも考え、思いっきり左寄り。そして顎を上げ、真正面を見据えている。ちょっとでも顔を下に向けると、アイウェアの隙間から雨粒が目に突き刺さってくる。なのでヘタに下を向くことができない。

さらにたいへんなのは、水路をまたぐ橋の上。地面から離れているぶん、さらに風が荒れ狂っている。とうとう自転車から下りざるを得なくなった。ツルツル滑るタイル舗装の上を、クリート付きのシューズで押し歩く。ときおり、衝撃波のように突風が叩きつける。カメハメ波を受けたみたいに、ずざざっ、と後ろに滑るように飛ばされる。あるいは、比較的路面のグリップが効いているところでは、自転車が風に持って行かれて水平に浮き上がる。水平に持ち上げた自転車を、見えない誰かと取り合っているようだ。自分自身が飛ばされないよう注意しつつ、力を込めて地面に押し戻す。

この20km区間はまちがいなく、自分が経験した(天候面における)ワーストブルベだろう。ただ、妙な昂揚も感じている。気がつくとずっと笑っている。あきれかえって脱力した苦笑いだ。

これはいい話のネタになる。おいしい。おいしすぎる。

……こんな調子だから、ヘンタイと後ろ指をさされるのだろうか。

なんとかスタート地点だったりんくう公園を通過する。ゴール地点はりんくう公園の少し先、駐車場併設の温室だ。海べりを離れ、1ブロックだけ市街地に入る。少し風は和らぎ、ようやく人心地がつく。

そして、そのままゴール。

所要時間30時間56分。キューシート上の距離は612.2km、サイクルコンピュータの距離は627km。

急いだ割には、ミスコースだので時間がかかてしまった。そして、龍の巣のなか、風雨のピーク時に帰ってきてしまったらしい…

温室でスタッフのみなさんにラーメンやコーヒーを振る舞っていただき、やっと弛緩できた。夜には風雨は収まるだろうから、あと数時間もすれば飛行機でらくちんに帰れるだろう。

念のため、天気アプリで確認すると…

あれ…「本日17時以降は全便欠航」… なんだってぇ!?

しかも、関西空港への連絡橋まで封鎖されてしまっている… 和歌山市の実家まで帰ろうにも、阪和線が和歌山の手前で折り返し運転。しかたなくひとり暮らしの母親に状況を報告して、この付近のホテルをとることにした。すると、りんくうタウン界隈のホテルは飛行機欠航の影響か、すべて満室…

ああ、明日は休むかも、と会社に伝えておいてよかった。結局スタッフの村上さんのご紹介で、泉佐野のホテルを予約でき、ことなきを得た。雨が弱くなるまで脱力したままゴール受付で3時間過ごし、台風が通過した街を自転車で移動した。

このホテルは客室持ち込みはできないため、持ち歩いていたボロタオルで車体を拭いて輪行袋へ。ここで驚いたことに、普段雨中走行をすると真っ黒になるリムがピカピカ光っている。あの突風と豪雨で汚れが全部洗い流されたらしい。高圧洗車、というか低気圧洗車(by ガクさん)というか…

投宿後、880円と値段の割には豪華な夕飯。アルコールは控えたのに、部屋に戻るとあっという間に朝まで寝落ち。新たに飛行機を予約し直し、無事に羽田まで戻ってきた。



880円。イカのお造りはさすがにオプション。


関空までの海は心なしかコーラルブルー風。


やれやれ、またもたいへんなブルベに出てしまった…

ご参加のみなさん、スタッフの皆さん、おつかれさまでした。そして、ありがとうございました。
また、いずれどこかのブルベで!



【ここでお詫びと訂正】

実は完走直後のツイートで、「SR×5回分走った」と書きました。しかし実際は、クインティプルSRには400が1本分足りない…なのでクアドラプルSRに過ぎません。本来ならBRM1006青葉600km関東一周もエントリーしているので、これに出て完走すればほんとに5回なんですが、家庭の事情でDNS…。
ということです。ごめんなさい。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。