プロフィール

Author:terra
SF好き。アウトドア好き。
ロードバイク物欲派。
レイ・カーツワイルの未来予測を支持するシンギュラリティ信者(笑)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大坊珈琲店の自費出版本

大好きな大坊珈琲店の自費出版本ができたそうです。って、ほとんどの方はご存じないでしょうから、どんな店なのかご紹介します。

image2.jpeg

表参道の交差点脇に、小さな雑居ビルがあります。狭い階段を上ると、そこが大坊珈琲店。246に面した細長い店内で、入口から奥に向かってカウンターが伸びていて、その奥と窓際に小さなテーブルがいくつか。カウンターは一枚の無垢板で、月日が経つにつれ手前が反り返ってしまっていますが、それもまた味わいがあり。

大学生の頃に初めて飲んで衝撃を受けました。世の中にはこんなコーヒーがあるのか。ごま塩頭の無口なご主人、大坊さんが淹れると、ほんとに奇跡のような味わいになるのです。早い時間帯には、その日使う豆を焙煎している姿を見ることもできました。岩波文庫やハヤカワのポケミスを読みながら、ロースターのハンドルをゆっくり回す姿。大坊という名前と相まって、修行僧のような佇まいでした。

最近は近くまで行くことが減り、残念なことに数年に一度の訪問になっています。しかし、30年近く経った今でも印象は全然変わりません。ほんとに修行のように禁欲的に珈琲を淹れ続けていらっしゃいました。親しく話すことなど一度もありませんが、勝手にコーヒーの師匠と仰いでいます。自分で淹れるコーヒーをなんとかあの味に近づけたくて、いつも試行錯誤を繰り返しています。

そんな大坊珈琲店が、今年末で閉店すると聞きました。あの小さな雑居ビルがついに再開発の対象になり、立ち退きになるそうです。とても立地のよい場所なので、しかたないのでしょう。閉店の噂を聞きつけた人たちが集まって、ボランティアで自費出版と言うことになったようです。そのうちのひとりがたまたま職場のかつてのスタッフで、私は彼女から今回の経緯を聞きました。閉店はほんとうに残念ですが、本のかたちで残るというのはせめてもの救いです。

その本がようやく完成し、今日から大坊珈琲店で発売されているそうです。また、麻布のギャラリー、さる山でも5日から並び(http://guillemets.net/blog/archives/1349 )、以後もう少し扱い店舗は増えるようです。

大坊珈琲店の最終営業日は12/22。新しい場所を探してほしいとも思いますが、すでに38年営業されてきたご主人にとって、新規開店はご負担になることでしょう。なかなか時間はとれませんが、最後にもう一度、あのコーヒーを味わいたいものです。

image.jpeg

関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: うちで作りました

robinさん、コメントありがとうございます。

いまどき珍しい、丁寧な製本に感動しました。
白状しますと、自分が編集を担当したかったとも思います(笑)

でも、製本も内容も含めこういった方向性にはならなかっただろうとも思いますので、この形が最適でした。

大坊さんとは30年近くを経て初めてお話しできたのですが、それもこのご本のおかげでした。
素敵な出会いに感謝しています。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。